現在のカゴの中

商品合計数量:0

商品合計金額:0円

クーポン値引:0円

カゴの中を見る

検索条件

商品カテゴリから探す
出版社から探す
キーワードから探す

電子書籍閲覧リーダーソフトは下記のアイコンをクリックすることによりインストーラをダウンロードすることができます。また、詳しいの電子書籍閲覧方法については「ヘルプページ」をご確認下さい。


唾液腺癌の予後を左右する因子の検討―化学療法は予後を改善するか―

電子書籍販売価格(税込):
1,100

商品コード:
11003_13
著者:
小山 吉人、栗田 浩、小池 剛史、鎌田 孝広、中西 義崇、小林 啓一
出版社:
癌と化学療法社 出版社HP
発行:
2014年
ページ数:
6ペ-ジ
ファイル容量:
1.06MB


閲覧対応端末:
電子書籍閲覧対応端末


閲覧可能台数:
3台(購入日より1年間ダウンロードが可能)


※電子書籍閲覧方法についての 詳細はこちら

内容紹介

Retrospective Analysis of Clinical and Pathological Factors That Influence Patient Survival in Salivary Gland Cancer―Could Chemotherapy Improve Survival ?

Summary
 The purpose of this retrospective study was to evaluate the prognostic factors in salivary gland cancer using a multivariate analysis. In total, 45 consecutive patients who underwent planned radical resection for salivary gland cancer between 1985 and 2010 were analyzed. Univariate and multivariate analyses were performed to analyze the clinical and pathological factors that influence patient survival in salivary gland cancer(tumor location, T and N classification, histological grade, excision margin status, postoperative radiotherapy, and postoperative adjuvant chemotherapy). The results of the multivariate analysis showed that T classification(odds ratio[OR]: 2.93, 95% confidence interval[CI]: 1.47-5.82), and excision margin status(OR: 4.86, 95% CI: 1.76-13.44)had a significant impact on tumor-free survival time, suggesting that both are important prognostic factors in salivary gland cancer. Moreover, postoperative adjuvant chemotherapy showed a tendency to improve tumor-free survival time(OR: 0.28, 95% CI: 0.07-1.11), thereby indicating its potential in improving prognosis in patients with salivary gland cancer.

要旨
 本研究は,唾液腺癌の予後因子を多変量解析によって検討した。1985~2010年の間に手術を主体とした根治的加療を行った唾液腺癌患者45例を対象とした。単変量・多変量解析によって唾液腺癌の臨床的,病理的予後因子[原発部位,T分類,N分類,病理組織学的悪性度(長尾2008年),切除マージン,術後放射線治療,補助化学療法]に関して遡及的分析を行った。多変量解析モデルを行ったところ,T分類(OR: 2.93,95% CI: 1.47-5.80)および切除マージン(OR: 4.86,95% CI: 1.76-13.44)は無癌生存期間の延長において統計学的に有意な予後因子を示した。また,術後補助化学療法は,無癌生存期間を延長する有意な改善傾向を示した(OR: 0.28,95% CI: 0.07-1.11)。本研究によって,T分類および原発腫瘍の切除マージンは唾液腺癌において重要な予後因子を示した。さらに,術後補助化学療法は唾液腺癌の予後を改善する可能性を示唆した。

目次

癌と化学療法 TOPへ
癌と化学療法 41巻2号 2014年2月号トップへ

【原著】

▶唾液腺癌の予後を左右する因子の検討―化学療法は予後を改善するか―…小山 吉人ほか

このページの先頭へ