現在のカゴの中

商品合計数量:0

商品合計金額:0円

クーポン値引:0円

カゴの中を見る

検索条件

商品カテゴリから探す
出版社から探す
キーワードから探す

電子書籍閲覧リーダーソフトは下記のアイコンをクリックすることによりインストーラをダウンロードすることができます。また、詳しいの電子書籍閲覧方法については「ヘルプページ」をご確認下さい。


進行肝細胞癌に対する微粉末化シスプラチン製剤による肝動注化学療法の治療成績

電子書籍販売価格(税込):
1,100

商品コード:
11004_13
著者:
畑中 健、柿崎 暁、上野 敬史、竹内 卓、滝澤 大地、片貝 堅志
出版社:
癌と化学療法社 出版社HP
発行:
2014年
ページ数:
5ペ-ジ
ファイル容量:
1.32MB


閲覧対応端末:
電子書籍閲覧対応端末


閲覧可能台数:
3台(購入日より1年間ダウンロードが可能)


※電子書籍閲覧方法についての 詳細はこちら

内容紹介

Transarterial Infusion Chemotherapy Using Fine-Powder Cisplatin in Patients with Advanced Hepatocellular Carcinoma

Summary
 We investigated the therapeutic effects and safety of fine powder cisplatin for patients with advanced hepatocellular carcinoma(HCC). From January 2006 to March 2012, 123 patients with advanced HCC were treated by transarterial infusion chemotherapy(TAI)with fine-powder cisplatin(IA-call® Nippon Kayaku Co. Ltd., Tokyo, Japan). The drug was infused into the liver through the feeding artery at a dose of 65 mg/m2. The treatment was repeated every 4 to 8 weeks until evidence of either tumor progression or unacceptable toxicity appeared. Treatment responses were classified as complete response(CR), partial response(PR), stable disease(SD), and progressive disease(PD)in 3.2%, 12.0%, 32.2%, and 52.4% of patients, respectively. The median survival durations were as follows: overall, 12.2 months; CR/PR patients, 23.8 months; and SD/PD patients, 10.6 months. The cumulative survival rates of CR/PR patients were significantly higher than those of SD/PD patients(p<0.05). Multivariate analyses revealed that treatment response, etiology, Child-Pugh grading, and level of protein induced by the vitamin K antagonist-Ⅱ(PIVKA-Ⅱ)were predictive factors of survival duration. Problematic adverse events were not observed in any of the patients. Our results suggest that TAI using fine-powder cisplatin can be safely administered for advanced HCC and can improve the prognosis of patients with advanced disease.

要旨
 進行肝細胞癌に対する微粉末化シスプラチン製剤(動注用アイエーコール®)による肝動注化学療法(transarterial infusion chemotherapy: TAI)の有用性が示唆されているが,多数例を検討した報告は少ない。今回われわれは,アイエーコールを用いた肝動注化学療法の治療成績を検討したので報告する。2006年1月~2012年3月までの間に,当院でアイエーコールによるTAIを施行した123症例の進行肝細胞癌を対象とした。65 mg/m2にてアイエーコールを栄養血管に動注した。腫瘍が増大するまで,もしくは認容できない副作用が出現するまで,4~8週間ごとに治療を行った。CR 4例(3.2%),PR 15例(12.0%),SD 40例(32.2%),PDが64例(52.4%)であった。奏効例(CR+PR)は,非奏効例(SD+PD)と比較して累積生存率が有意に良好であった(p<0.05)。非奏効例の生存期間の中央値は10.6か月であったのに対して,奏効例では23.8か月と良好であった。多変量解析にて,生存に寄与する因子として治療効果(奏効例),背景肝疾患の成因(非C型),Child-Pugh分類(grade A)とPIVKA-Ⅱ低値が抽出された。重篤な副作用は認められなかった。アイエーコールによるTAIは,進行肝細胞癌に対して試みるべき治療法と考えられた。

目次

癌と化学療法 TOPへ
癌と化学療法 41巻2号 2014年2月号トップへ

【原著】

▶進行肝細胞癌に対する微粉末化シスプラチン製剤による肝動注化学療法の治療成績…畑 中  健ほか

このページの先頭へ