現在のカゴの中

商品合計数量:0

商品合計金額:0円

クーポン値引:0円

カゴの中を見る

検索条件

商品カテゴリから探す
出版社から探す
キーワードから探す

電子書籍閲覧リーダーソフトは下記のアイコンをクリックすることによりインストーラをダウンロードすることができます。また、詳しいの電子書籍閲覧方法については「ヘルプページ」をご確認下さい。


新規抗癌剤エリブリンの有効性および安全性についての検討

電子書籍販売価格(税込):
1,100

商品コード:
11006_13
著者:
沖代 格次 ほか
出版社:
癌と化学療法社 出版社HP
発行:
2014年
ページ数:
5ペ-ジ
ファイル容量:
1.06MB


閲覧対応端末:
電子書籍閲覧対応端末


閲覧可能台数:
3台(購入日より1年間ダウンロードが可能)


※電子書籍閲覧方法についての 詳細はこちら

内容紹介

Efficacy and Safety of Eribulin for Metastatic Breast Cancer Patients

Summary
 In the EMBRACE trial, eribulin was reported to significantly increase overall survival compared to treatment of the physician's choice when given to patients with recurrent or metastatic breast cancer who had received prior treatment, including an anthracycline and a taxane. In April 2011, eribulin was approved in Japan for the treatment of inoperable or recurrent breast cancer. In this article, we report on the efficacy and safety of eribulin in cases we encountered. Twenty patients with advanced and recurrent breast cancer were administered eribulin in our hospital during the period from August 2011 to December 2012. The median age was 62 years(range, 42-76 years); 16 patients had the estrogen receptor(ER)(+)/human epidermal growth factor receptor 2(HER2)(-)subtype, whereas 4 patients had the triple-negative subtype. Following recurrence, the median number of chemotherapy regimens was 3(range, 0-5). Regarding the antitumor effects of eribulin, no cases showed complete response(CR), 5 cases showed partial response(PR), and 10 cases showed stable disease(SD); therefore, the response rate(CR+PR)was 25% and the clinical benefit rate(CR+PR+≥6-month SD)was 35%. Median progression-free survival was 146 days, and median overall survival was 482 days. In terms of adverse events(AEs), observed cases of hematotoxicity were of neutropenia(75%), leucopenia(75%), and anemia(80%). Cases of Grade 3 hematotoxicity or higher were of neutropenia(40%), leucopenia(20%), and febrile neutropenia(1 case, 5%). The observed non-hematotoxic AEs were peripheral neuropathy(30%)and general malaise(35%), although none were of Grade 3 or higher. The therapeutic efficacy of eribulin in the present study was relatively better than that in previous reports(EMBRACE trial, Japan Domestic 221 trial). The frequency of Grade 3 or higher AEs was low, and the drug was well tolerated. We believe that eribulin is a novel drug that provides therapeutic efficacy while maintaining quality of life(QOL).

要旨
 エリブリンは,アンスラサイクリン・タキサン既治療例の転移・再発乳癌を対象としたEMBRACE試験において,主治医選択治療と比較して全生存期間を有意に延長したことが報告された。本邦において,2011年4月に手術不能または再発乳癌に対してエリブリンが承認され,使用可能となった。本稿では,自験例におけるエリブリンの有効性および安全性について報告する。対象は2011年8月~2012年12月までの間に,当科でエリブリンの投与を受けた進行・再発乳癌患者20例。年齢の中央値は62(42~76)歳,subtypeはER(+)/HER2(-)16例,triple negativeが4例であった。再発後の化学療法レジメン数の中央値は3(0~5)レジメンであった。抗腫瘍効果は,完全奏効(CR)例は認めなかったが,部分奏効(PR)5例,安定(SD)が10例に認められ,奏効率(CR+PR)25%,臨床的有用率(CR+PR+6か月以上のSD)は35%であった。無増悪生存期間中央値146日,全生存期間中央値は482日であった。有害事象に関しては,血液毒性では好中球減少75%,白血球減少75%,貧血が80%に認められたが,Grade 3以上は好中球減少40%,白血球減少20%であり,発熱性好中球減少を認めたのは1例(5%)のみであった。非血液毒性では末【梢】神経障害30%,全身倦怠感が35%に認められたが,Grade 3以上のものはなかった。今回のわれわれの検討では,今までの報告(EMBRACE試験・国内221試験)と比べ,やや良好な治療効果であった。Grade 3以上の有害事象の頻度も少なく,忍容性は良好であった。エリブリンは,QOLを維持しながら治療効果が得られる新規薬剤であると考えられた。

目次

癌と化学療法 TOPへ
癌と化学療法 41巻2号 2014年2月号トップへ

【原著】

▶新規抗癌剤エリブリンの有効性および安全性についての検討…沖代 格次ほか

このページの先頭へ