現在のカゴの中

商品合計数量:0

商品合計金額:0円

クーポン値引:0円

カゴの中を見る

検索条件

商品カテゴリから探す
出版社から探す
キーワードから探す

電子書籍閲覧リーダーソフトは下記のアイコンをクリックすることによりインストーラをダウンロードすることができます。また、詳しいの電子書籍閲覧方法については「ヘルプページ」をご確認下さい。


転移性脊椎腫瘍に対して集学的治療を行い在宅療養が可能となった1例

電子書籍販売価格(税込):
1,100

商品コード:
11009_13
著者:
磯野 永依、早川 直子、鈴木 信也、久保 範子、日方 智宏、鎌田 修博
出版社:
癌と化学療法社 出版社HP
発行:
2014年
ページ数:
4ペ-ジ
ファイル容量:
1.12MB


閲覧対応端末:
電子書籍閲覧対応端末


閲覧可能台数:
3台(購入日より1年間ダウンロードが可能)


※電子書籍閲覧方法についての 詳細はこちら

内容紹介

A Case of a Metastatic Spine Tumor Treated Using a Multidisciplinary Approach

Summary
 A 50-year-old man who was a hepatitis B carrier was admitted with back pain due to bone metastasis of the 12 th thoracic vertebra(Th12)in November 2011. He had been diagnosed with liver cancer in January 2010 and underwent liver resection following hepatic arterial chemoembolization. He presented with performance status(PS)2 and a numeric rating scale(NRS)pain score of 8 out of 10 at the time of admission. We started the patient on radiation and drug therapy, but lower limb muscle weakness(manual muscle test[MMT]grade 4 out of 5, Frankel D classification)occurred on day 12 after admission. Therefore, we immediately consulted the orthopedician, and the patient underwent posterior decompression fixation on day 15, followed by radiation therapy and rehabilitation. Even after discontinuation of all analgesics, his pain level on the NRS was 0, and he had no progressive muscle weakness. We ensured long-term care as well as nursing home visits. The patient was discharged on day 61. We have a variety of criteria for the selection of surgery for spinal metastasis, including Tokuhashi, Tomita, and Katagiri scores. The patient's general condition and prognosis are important factors to consider when selecting surgical therapy. In the present case, because of selection of the appropriate treatment and timely cooperation with specialists, it was possible to effectively relieve symptoms and discharge the patient to home care.

要旨
 転移性脊椎腫瘍に対して手術療法を含めた集学的治療を行い,在宅療養が可能となった症例を経験した。症例はB型肝炎キャリア,50歳,男性。2010年1月に肝癌と診断され,肝切除術・肝動脈化学塞栓療法を施行。2011年11月,Th12の骨転移による腰背部痛が出現し入院。入院時NRS 8/10,PS 2。薬物療法・放射線療法を開始したが,第12病日,MMT 4/5,Frankel分類Dの下肢筋力低下が出現,直ちに整形外科医にコンサルトし,第15病日,後方除圧固定術を施行。術後に放射線治療・リハビリを開始。術後はNRS 0/10で経過し,筋力低下進行も認めず。介護保険,在宅訪問看護を整え第61病日に自宅退院となった。脊椎転移の手術療法選択では徳橋,富田,片桐ら等々の基準があり予後予測や全身状態,病巣の範囲などが大切な因子となる。本症例では各専門家同士の迅速な連携と適切な治療選択によって,効果的な症状緩和と在宅退院が可能となった。

目次

癌と化学療法 TOPへ
癌と化学療法 41巻2号 2014年2月号トップへ

【症例】

▶転移性脊椎腫瘍に対して集学的治療を行い在宅療養が可能となった1例…磯野 永依ほか

このページの先頭へ