現在のカゴの中

商品合計数量:0

商品合計金額:0円

クーポン値引:0円

カゴの中を見る

検索条件

商品カテゴリから探す
出版社から探す
キーワードから探す

電子書籍閲覧リーダーソフトは下記のアイコンをクリックすることによりインストーラをダウンロードすることができます。また、詳しいの電子書籍閲覧方法については「ヘルプページ」をご確認下さい。


Bevacizumab投与中に気胸を発症した乳癌の1例

電子書籍販売価格(税込):
1,100

商品コード:
11010_13
著者:
牧野 孝俊、工藤 俊、尾形 貴史
出版社:
癌と化学療法社 出版社HP
発行:
2014年
ページ数:
3ペ-ジ
ファイル容量:
1.06MB


閲覧対応端末:
電子書籍閲覧対応端末


閲覧可能台数:
3台(購入日より1年間ダウンロードが可能)


※電子書籍閲覧方法についての 詳細はこちら

内容紹介

Pneumothorax after Treatment with Bevacizumab-Containing Chemotherapy for Breast Cancer―A Case Report

Summary
 A 62-year-old woman presented with a right breast tumor. Examination yielded a diagnosis of right breast cancer(T4bN3bM1[lung]). After right breast mastectomy for local control, 9 sessions of chemotherapy containing an anthracycline and taxane were administered. Because of progression of lung metastasis, bevacizumab and paclitaxel were administered. Follow-up computed tomography(CT)scans showed that the multiple solid lung metastases had reduced in size, but a hollowing effect was noted. Eight months later, the patient developed left pneumothorax. The origin of the pneumothorax was unclear, but the hollowing due to the lung metastases seen after bevacizumab treatment was thought to be the cause. The pneumothorax resolved after tube thoracostomy, but disease progression occurred because of the lack of chemotherapy, and the patient's general condition worsened. Although rare, we speculate that there is a risk of pneumothorax after bevacizumab-containing chemotherapy.

要旨
 症例は62歳,女性。右乳房腫瘤を主訴に来院。精査の結果,右乳癌T4bN3bM1(lung),stageⅣと診断した。局所コントロール目的の右乳房切除術後,anthracycline,taxaneを含む計9レジメンの化学療法を行った。しかし,徐々に進行を認めたため,bevacizumab+paclitaxel併用療法を施行した。フォローアップのCT検査上,多発肺転移の充実性腫瘤は,空洞化を伴って縮小を認めた。しかし,投与開始8か月後,左側気胸を認めた。気胸の原因については明らかではないが,CT検査にてbevacizumabによって空洞化した肺転移巣と関連のある可能性が示唆された。幸い本症例は,胸腔ドレーンの留置と胸膜癒着療法により軽快したが,場合によっては呼吸不全から全身状態悪化や抗癌剤投与の遅れに伴う病状進行を招く危険もある。頻度はまれであるが,bevacizumab投与中に空洞化する乳癌肺転移は,気胸の可能性も念頭に置きながら治療する必要があると思われた。

目次

癌と化学療法 TOPへ
癌と化学療法 41巻2号 2014年2月号トップへ

【症例】

▶Bevacizumab投与中に気胸を発症した乳癌の1例…牧野 孝俊ほか

このページの先頭へ