現在のカゴの中

商品合計数量:0

商品合計金額:0円

クーポン値引:0円

カゴの中を見る

検索条件

商品カテゴリから探す
出版社から探す
キーワードから探す

電子書籍閲覧リーダーソフトは下記のアイコンをクリックすることによりインストーラをダウンロードすることができます。また、詳しいの電子書籍閲覧方法については「ヘルプページ」をご確認下さい。


S-1+CDDPによる導入化学療法後に胃切除を行った脾転移を伴う高度進行胃癌の1例

電子書籍販売価格(税込):
1,100

商品コード:
11014_13
著者:
加納 陽介、植木 匡、矢島 和人、多々 孝、石塚 大、若井 俊文
出版社:
癌と化学療法社 出版社HP
発行:
2014年
ページ数:
4ペ-ジ
ファイル容量:
1.17MB


閲覧対応端末:
電子書籍閲覧対応端末


閲覧可能台数:
3台(購入日より1年間ダウンロードが可能)


※電子書籍閲覧方法についての 詳細はこちら

内容紹介

Gastrectomy for a Patient with Advanced Gastric Cancer with Spleen Metastases Following Induction Chemotherapy with S-1 plus Cisplatin

Summary
 An asymptomatic 56-year-old woman, upon medical examination, was diagnosed with advanced adenocarcinoma of the upper third of the stomach. Computed tomography showed that the primary gastric tumor was directly invading the splenic hilum, and there were multiple metastases in the spleen; incurable gastric cancer was confirmed. S-1 plus cisplatin therapy was introduced as the induction regimen, and the main tumor and splenic metastases reduced significantly. Total gastrectomy with splenectomy and D2 lymphadenectomy was performed after 9 courses of chemotherapy. The surgery was completed with no residual tumor, and intraperitoneal washing cytology was negative. Histologically, the primary tumor was classified as Grade 2, reflecting the effect of chemotherapy, and viable metastatic tumors were confirmed in the spleen. S-1-based treatment was continued as adjuvant chemotherapy, and the patient was alive with no evidence of tumor recurrence 39 months after the initiation of chemotherapy. Although metastasis to the spleen from gastric adenocarcinoma has been reported as a rare metastatic pattern with poor prognosis, our patient had a long survival time after gastrectomy following induction chemotherapy.

要旨
 症例は56歳,女性。胃検診で噴門部の胃癌と診断された。腹部CT検査で,原発巣の脾門部への直接浸潤と多発脾転移を認めたため非切除となった。S-1+CDDPによる導入化学療法を施行した結果,原発巣・脾転移巣ともに著明な腫瘍の縮小を認め,PRと判定された。9コース終了後に脾合併胃全摘出術+D2リンパ節郭清を行い,癌遺残のない手術が可能であった。原発巣の組織学的効果判定はGrade 2で,脾内に胃癌の転移巣を認めた。術後S-1を中心とした化学療法を行い,導入化学療法開始から39か月,無再発生存中である。胃癌の脾転移はまれな転移形式で予後不良とされるが,本症例は導入化学療法後に胃切除術を行い,長期生存が得られているので報告する。

目次

癌と化学療法 TOPへ
癌と化学療法 41巻2号 2014年2月号トップへ

【症例】

▶S-1+CDDPによる導入化学療法後に胃切除を行った脾転移を伴う高度進行胃癌の1例…加納 陽介ほか

このページの先頭へ