現在のカゴの中

商品合計数量:0

商品合計金額:0円

クーポン値引:0円

カゴの中を見る

検索条件

商品カテゴリから探す
出版社から探す
キーワードから探す

電子書籍閲覧リーダーソフトは下記のアイコンをクリックすることによりインストーラをダウンロードすることができます。また、詳しいの電子書籍閲覧方法については「ヘルプページ」をご確認下さい。


上行結腸癌術後,大動脈周囲リンパ節転移再発に対しUFT/LVを用いてCRを得た1例

電子書籍販売価格(税込):
1,100

商品コード:
11017_13
著者:
土屋 伸広、山岸 茂、石部 敦士、松尾 憲一、簾田康一郎、仲野 明
出版社:
癌と化学療法社 出版社HP
発行:
2014年
ページ数:
3ペ-ジ
ファイル容量:
1.04MB


閲覧対応端末:
電子書籍閲覧対応端末


閲覧可能台数:
3台(購入日より1年間ダウンロードが可能)


※電子書籍閲覧方法についての 詳細はこちら

内容紹介

A Case of Para-Aortic Lymph Node Metastasis from Colon Cancer with Complete Response to Uracil/Tegafur plus Leucovorin Therapy

Summary
 In October 2008, a 66-year-old male patient underwent resection of the right half of the colon for ascending colon cancer. Histopathological examination revealed a tumor classification of tub2, pSE, ly1, v0, PM0, DM0, RM0, pN1(2/23), H0, P0, StageⅢa. The patient was treated with uracil/tegafur plus Leucovorin(UFT/LV)chemotherapy after surgery. However, he developed Grade 2 liver dysfunction after completion of 1 course, so UFT/LV was discontinued. In June 2009, a rise in the carcinoembryonic antigen(CEA)level was observed, and computed tomography(CT)and positron emission tomography with 2-[fluorine-18]fluoro-2-deoxy-D-glucose(FDG-PET)showed a single enlarged lymph node, 2 cm in diameter, located around the aorta. We informed the patient of the therapeutic effect of anticancer drug treatment and surgery, risk of adverse events, and other management methods, and UFT/LV chemotherapy was selected as treatment. After 3 courses, the lymph node had completely disappeared, and UFT/LV was discontinued in April 2011, as there was no sign of recurrence. The patient remains alive and well. We report a case of para-aortic lymph node metastasis after surgery, treated with UFT/LV, which led to a complete response without major adverse events.

要旨
 症例は66歳,男性。2008年10月に上行結腸癌に対し結腸右半切除術を施行。病理組織学的検査はtub2,pSE,ly1,v0,PM0,DM0,RM0,pN1(2/23),H0,P0,StageⅢaであった。術後外来にて補助療法としてUFT(500 mg/日)/LV(75 mg/日)を内服開始するも,肝機能障害が出現したため1コースで中止となった。その後2009年6月,CEAの上昇を認めたため腹部CT施行したところ,φ2 cm大の大動脈周囲リンパ節腫大を1個認め,FDG-PETでも同部に高集積を認めたため,大動脈周囲リンパ節転移再発と診断した。手術治療と抗癌剤の治療効果,有害事象,管理方法などを患者に説明し,UFT(500 mg/日)/LV(75 mg/日)の方針となった。3コース施行後,腹部CTでCRが得られ,2011年4月まで計15コース施行しCR継続したため内服中止しているが,その後も無再発生存中である。有害事象は肝機能障害Grade 2であった。今回われわれは,上行結腸癌術後,大動脈周囲リンパ節転移再発に対しUFT/LVを用いて大きな有害事象なくCRが得られた1例を経験したので報告する。

目次

癌と化学療法 TOPへ
癌と化学療法 41巻2号 2014年2月号トップへ

【症例】

▶上行結腸癌術後,大動脈周囲リンパ節転移再発に対しUFT/LVを用いてCRを得た1例…土屋 伸広ほか

このページの先頭へ