現在のカゴの中

商品合計数量:0

商品合計金額:0円

クーポン値引:0円

カゴの中を見る

検索条件

商品カテゴリから探す
出版社から探す
キーワードから探す

電子書籍閲覧リーダーソフトは下記のアイコンをクリックすることによりインストーラをダウンロードすることができます。また、詳しいの電子書籍閲覧方法については「ヘルプページ」をご確認下さい。


同種骨髄移植後再発しドナーリンパ球輸注療法により再寛解を得て13年後にSudden Blast Crisisで再発した慢性骨髄性白血病

電子書籍販売価格(税込):
1,100

商品コード:
11018_13
著者:
大蔵 美幸 ほか
出版社:
癌と化学療法社 出版社HP
発行:
2014年
ページ数:
4ペ-ジ
ファイル容量:
1.07MB


閲覧対応端末:
電子書籍閲覧対応端末


閲覧可能台数:
3台(購入日より1年間ダウンロードが可能)


※電子書籍閲覧方法についての 詳細はこちら

内容紹介

Sudden Blast Crisis of Chronic Myeloid Leukemia after a 13-Year Durable Remission Following Allogeneic Bone Marrow Transplantation and Donor Lymphocyte Infusion

Summary
 We describe a rare case of sudden blast crisis of chronic myeloid leukemia that occurred after a 13-year durable remission, following allogeneic bone marrow transplantation and donor lymphocyte infusion. A 55-year-old Japanese man was diagnosed with chronic-phase chronic myeloid leukemia 24 years previously. He underwent allogeneic bone marrow transplantation 2 years after diagnosis. Although the disease recurred 6 years after transplantation, the patient achieved remission again by a donor lymphocyte infusion. Despite a 13-year durable remission, the disease later relapsed into a sudden blast crisis. Prednisolone and vincristine combined with imatinib mesylate effectively achieved a major molecular response. However, the disease relapsed repeatedly with central nervous system infiltration. Dasatinib and intrathecal methotrexate, cytarabine, and dexamethasone administration via the Ommaya reservoir controlled disease progression. Nevertheless, the disease became refractory to treatment with the emergence of a T315I Bcr-Abl gene mutation. The patient eventually died 43 months post-crisis.

要旨
 症例は55歳,男性。24年前に慢性骨髄性白血病を発症し,22年前に実弟から同種骨髄移植を受けた。移植6年後再発しドナーリンパ球輸注療法で再寛解が得られ,以後13年間寛解であったがsudden blast crisisで再発した。メシル酸イマチニブ,ダサチニブにより,いったん分子遺伝学的効果が得られるも再発を繰り返し,Bcr-Abl遺伝子のT315I変異を来してsudden blast crisisから3年半後に死亡した。移植後長期寛解後に再発したこと,再発形式がsudden blast crisisであったことから,本例は非常にまれな症例と考えられた。

目次

癌と化学療法 TOPへ
癌と化学療法 41巻2号 2014年2月号トップへ

【症例】

▶同種骨髄移植後再発しドナーリンパ球輸注療法により再寛解を得て13年後にSudden Blast Crisisで再発した慢性骨髄性白血病…大蔵 美幸ほか

このページの先頭へ