現在のカゴの中

商品合計数量:0

商品合計金額:0円

クーポン値引:0円

カゴの中を見る

検索条件

商品カテゴリから探す
出版社から探す
キーワードから探す

電子書籍閲覧リーダーソフトは下記のアイコンをクリックすることによりインストーラをダウンロードすることができます。また、詳しいの電子書籍閲覧方法については「ヘルプページ」をご確認下さい。


肝細胞癌に対する肝移植治療の意義

電子書籍販売価格(税込):
1,100

商品コード:
11029_13
著者:
海道 利実、上本 伸二
出版社:
癌と化学療法社 出版社HP
発行:
2014年
ページ数:
5ペ-ジ
ファイル容量:
1.25MB


閲覧対応端末:
電子書籍閲覧対応端末


閲覧可能台数:
3台(購入日より1年間ダウンロードが可能)


※電子書籍閲覧方法についての 詳細はこちら

内容紹介

Significance of Liver Transplantation for Hepatocellular Carcinoma

Summary
 Liver transplantation(LT)plays a significant clinical role in the treatment of hepatocellular carcinoma(HCC), as it can cure not only HCC but also underlying liver diseases. Although various transplant criteria for HCC have been proposed, expanding the criteria is controversial. Extended criteria are justified when the recurrence rates are low. We performed retrospective analysis of 136 HCC patients who underwent living donor LT(LDLT)at our center between February 1999 and December 2006 to examine the risk factors for post-transplant recurrence. Based on the results of our multivariate analysis, we defined new criteria, which we call the Kyoto criteria. The new criteria are as follows: n≤10, tumor diameter ≤5 cm, and serum des-gamma-carboxy prothrombin levels of ≤400 mAU/mL. The 5-year recurrence rate for patients who met the Kyoto criteria was significantly lower than that for patients who exceeded these criteria(3% vs 56%, p<0.001). This demonstrates that the Kyoto criteria can effectively exclude patients with biologically aggressive tumors prior to transplantation. We began to implement the Kyoto criteria in January 2007 and have started a prospective study to validate the feasibility of these criteria. As of December 2011, 62 patients with HCC have undergone LDLT. These patients had a 5-year overall survival rate of 82%, and a recurrence rate of 6%. Considering the higher morbidity and mortality rates associated with LT compared to those for other treatment modalities for HCC as well as risks to live donors, LDLT is better used as a second-line treatment option for HCC.

要旨
 肝細胞癌に対する肝移植は,癌のみならず,ウイルス性肝硬変などの障害肝も同時に置換することができるため,臨床的意義は非常に大きい。肝癌診療ガイドラインでの肝移植の推奨は,肝障害度Cで術前画像診断にてMilan基準(5 cm以下単発,または3 cm以下3個以内)肝細胞癌である。しかし,肝細胞癌の悪性度を考慮したKyoto基準などにより低い再発率を保ちつつ適応拡大が可能となった。他治療と比較して高い周術期合併症率や死亡率,生体ドナーのriskや肉体的・精神的負担から,現時点における肝細胞癌に対する生体肝移植の位置付けは,「他の治療が可能なら第二選択以降,肝機能などにより他の治療が不可能なら第一選択」とするのが妥当であろう。

目次

癌と化学療法 TOPへ
癌と化学療法 41巻3号 2014年3月号トップへ

【総説】

▶肝細胞癌に対する肝移植治療の意義…海道 利実ほか

このページの先頭へ