現在のカゴの中

商品合計数量:0

商品合計金額:0円

クーポン値引:0円

カゴの中を見る

検索条件

商品カテゴリから探す
出版社から探す
キーワードから探す

電子書籍閲覧リーダーソフトは下記のアイコンをクリックすることによりインストーラをダウンロードすることができます。また、詳しいの電子書籍閲覧方法については「ヘルプページ」をご確認下さい。


幹細胞疾患の分子機構―マイクロRNAとエピジェネティクス―

電子書籍販売価格(税込):
1,100

商品コード:
11032_13
著者:
下野 洋平
出版社:
癌と化学療法社 出版社HP
発行:
2014年
ページ数:
4ペ-ジ
ファイル容量:
1.08MB


閲覧対応端末:
電子書籍閲覧対応端末


閲覧可能台数:
3台(購入日より1年間ダウンロードが可能)


※電子書籍閲覧方法についての 詳細はこちら

内容紹介

Molecular Mechanisms of Stem Cell Disorders―MicroRNAs and Epigenetics

Summary
 Stem cells are characterized by their ability to self-renew and differentiate into cells in the tissues, and have an important role in the maintenance of tissues and/or organs. Even in cancers in which accumulated gene mutations drive the abnormalities in cell proliferation and differentiation, the presence of stem cells, called cancer stem cells, has been proposed. Current observations suggest that cancer stem cells have properties reminiscent of normal stem cells and have pivotal roles in tumor development, recurrence, and metastasis. Because cells in a multicellular organism contain basically the same genetic information, the mechanisms that regulate gene expression, such as microRNAs and epigenetics, are critical for the proper differentiation of stem cells. Indeed, studies have shown that cooperative interactions between microRNAs and epigenetics regulate stem cell properties. We have previously reported that the microRNAs in the miR-200 clusters are coordinately downregulated in human breast cancer stem cells and normal breast stem cells. Among them, miR-200c targets the Polycomb group protein BMI1, a critical regulator of stem cell functions. The expression of the miR-200 precursor is regulated by histone modifications and Polycomb group proteins. Moreover, miR-22 targets a DNA demethylase and suppresses the expression of the miR-200 precursor, thereby enhances the expression of BMI1. Considering the recent development of therapies that target cancer stem cells and/or epigenetics, understanding the molecular mechanisms for stem cell regulation is becoming increasingly important.

要旨
 幹細胞は自己と同じ能力をもつ細胞を生みだす「自己再生能」と,組織を構成する他の細胞を生みだす「分化能」を併せもつことで組織や臓器の維持にかかわる細胞である。遺伝子異常の蓄積を背景にした異常増殖と分化異常が病態の根幹にあるがんにおいても,その基となった正常組織と同様に「がん幹細胞」と呼ばれる幹細胞が存在し,がんの発生,再発,転移に重要な役割を果たしているという知見が示されている。多細胞生物を構成するすべての細胞は,基本的に同じ遺伝子情報をもつことから,このような幹細胞やがん幹細胞から様々に分化した細胞が生みだされる過程では,マイクロRNAやエピジェネティック制御のような,遺伝子情報の使い方を制御する分子機構が重要な働きをする。また,マイクロRNAとエピジェネティック制御が相互作用しながら,幹細胞性を制御する機構も明らかになってきた。たとえば,正常乳腺幹細胞およびヒト乳がん幹細胞では,共通してmiR-200ファミリーマイクロRNAの発現が抑えられており,そのなかでもmiR-200cは幹細胞性制御に重要なポリコーム群蛋白質BMI1を標的としてその発現を制御する。また,miR-200前駆体の発現は,DNAのヒストン修飾やポリコーム群蛋白質により制御されている。さらに,miR-22マイクロRNAはヒストン脱メチル化酵素の発現抑制を介してmiR-200前駆体の発現を抑制し,結果としてBMI1の発現を増強する。近年,がん幹細胞やエピジェネティクスを標的とした治療も試みられるようになったことからも,正常組織の幹細胞やがん幹細胞を制御する分子機構の理解は今後ますます重要になるものと考えられる。

目次

癌と化学療法 TOPへ
癌と化学療法 41巻3号 2014年3月号トップへ

【特集】幹細胞とがん

▶幹細胞疾患の分子機構―マイクロRNAとエピジェネティクス―…下野 洋平

このページの先頭へ