現在のカゴの中

商品合計数量:0

商品合計金額:0円

クーポン値引:0円

カゴの中を見る

検索条件

商品カテゴリから探す
出版社から探す
キーワードから探す

電子書籍閲覧リーダーソフトは下記のアイコンをクリックすることによりインストーラをダウンロードすることができます。また、詳しいの電子書籍閲覧方法については「ヘルプページ」をご確認下さい。


原発性乳がんに対する術前化学療法によるホルモン受容体およびHER2受容体発現状況の変化と再発率の検討

電子書籍販売価格(税込):
1,100

商品コード:
11037_13
著者:
徳永 伸也 ほか
出版社:
癌と化学療法社 出版社HP
発行:
2014年
ページ数:
4ペ-ジ
ファイル容量:
0.94MB


閲覧対応端末:
電子書籍閲覧対応端末


閲覧可能台数:
3台(購入日より1年間ダウンロードが可能)


※電子書籍閲覧方法についての 詳細はこちら

内容紹介

Evaluation of Recurrence Rates on Change in Hormone Receptor and Human Epidermal Growth Factor Receptor 2 Status after Neo-Adjuvant Chemotherapy in Breast Cancer Patients

Summary
 Background: Neo-adjuvant chemotherapy(NAC)may affect hormone receptor(HR)and human epidermal growth factor receptor 2(HER2)status in breast cancer patients. However, the correlation between recurrence rates and this status change remains unclear. Methods: We evaluated 70 consecutive breast cancer patients receiving NAC with anthracyclines and taxanes, with or without trastuzumab, between January 2005 and May 2012. Pre-treatment core needle biopsy samples and specimens obtained after surgery were tested to determine HR and HER2 status. The relationship between HR and HER2 status changes and recurrence rates was then assessed. Results: Pathological complete response(pCR)was observed in 13 cases and non-pCR was observed in 57 cases. Of the non-pCR cases, HR-positive status changed to HR-negative status in 6.3% of patients, but a change from negativity to positivity was not observed. HER2-positive status changed to HER2-negative status in 48.0% of patients, and a change from negativity to positivity was observed in 12.5% of cases. The recurrence rate among patients with conversion to a HR-negative status was 0% and that among patients with conversion to a HER2-negative status was 25.0%. Conclusion: Recurrence rates were not significantly associated with HR and HER2 status conversion after NAC. Future research is warranted to confirm out results.

要旨
 背景: 術前化学療法により,原発性乳がんのホルモン受容体(HR)およびHER2受容体が変化することが報告されている。これらの変化と再発率との関連はわかっていない。方法: 2005年1月~2012年5月までに,アンスラサイクリンおよびタキサン±トラスツズマブで術前化学療法を施行した原発性乳がん70例の,手術前後のHRおよびHER2受容体の変化と予後を検討する。結果: pCR 13例,non-pCRは57例であった。non-pCRのうち,HRの陰転化が6.3%にみられたが,陽転化はみられなかった。HER2の陰転化が48.0%にみられ,陽転化が12.5%にみられた。HR陰転化群の再発率は0%で,HER2陰転化群の再発率は25.0%であった。結論: 今回の検討では,HRおよびHER2の変化と再発率との間に有意な差は示せなかったが,今後さらなる検討が必要である。

目次

癌と化学療法 TOPへ
癌と化学療法 41巻3号 2014年3月号トップへ

【原著】

▶原発性乳がんに対する術前化学療法によるホルモン受容体およびHER2受容体発現状況の変化と再発率の検討…徳永 伸也ほか

このページの先頭へ