現在のカゴの中

商品合計数量:0

商品合計金額:0円

クーポン値引:0円

カゴの中を見る

検索条件

商品カテゴリから探す
出版社から探す
キーワードから探す

電子書籍閲覧リーダーソフトは下記のアイコンをクリックすることによりインストーラをダウンロードすることができます。また、詳しいの電子書籍閲覧方法については「ヘルプページ」をご確認下さい。


外来におけるオピオイド使用全患者に対する電子カルテを活用した緩和ケアチームの介入効果

電子書籍販売価格(税込):
1,100

商品コード:
11039_13
著者:
塚本 美穂、沖 由江、青木 太郎
出版社:
癌と化学療法社 出版社HP
発行:
2014年
ページ数:
4ペ-ジ
ファイル容量:
1.79MB


閲覧対応端末:
電子書籍閲覧対応端末


閲覧可能台数:
3台(購入日より1年間ダウンロードが可能)


※電子書籍閲覧方法についての 詳細はこちら

内容紹介

Using Electronic Medical Records to Identify Outpatients Receiving Opioids Who May Benefit from Intervention by Our Palliative Care Team

Summary
 Objective: To achieve optimal management of cancer pain in our outpatients. Patients: All cancer patients in our outpatient department who received opioids. Method: A pharmacist and a nurse of the palliative care team used electronic medical records(EMRs)to review cases of outpatients who received opioids. Result: A total of 136 cases were followed-up by our palliative care team based on EMRs from May 2010 to January 2011. Our palliative care team intervened in 50 of these cases(36.8%). Doctors and nurses were given questionnaires to assess the usefulness of this practice, and 60% of the doctors and 65.2% of the nurses, had useful rounds. Conclusion: In this trial, we conclude that the use of EMRs to identify patients for intervention by our palliative care team is beneficial to our medical care system, which improves the quality of life of our patients.

要旨
 目的: 一般外来診療における適切な疼痛管理の実現。対象: 外来でオピオイドを処方されている全患者。方法: 電子カルテを活用した緩和ケアチームの薬剤師と看護師によるカルテ回診。結果: 2010年5月~2011年1月の期間に136件のカルテ回診を行い,介入件数は50件(介入率36.8%)であった。アンケートでは医師60%,看護師の65.2%がこの活動を役立つと回答。患者のQOL貢献だけでなく,医療体制への貢献にも寄与したと考える。

目次

癌と化学療法 TOPへ
癌と化学療法 41巻3号 2014年3月号トップへ

【原著】

▶外来におけるオピオイド使用全患者に対する電子カルテを活用した緩和ケアチームの介入効果…塚本 美穂ほか

このページの先頭へ