現在のカゴの中

商品合計数量:0

商品合計金額:0円

クーポン値引:0円

カゴの中を見る

検索条件

商品カテゴリから探す
出版社から探す
キーワードから探す

電子書籍閲覧リーダーソフトは下記のアイコンをクリックすることによりインストーラをダウンロードすることができます。また、詳しいの電子書籍閲覧方法については「ヘルプページ」をご確認下さい。


Lapatinib,Capecitabine療法が奏効したTrastuzumab耐性乳癌の1例

電子書籍販売価格(税込):
1,100

商品コード:
11044_13
著者:
林 雅規、折田 雅彦、弘中 秀治、守田 信義
出版社:
癌と化学療法社 出版社HP
発行:
2014年
ページ数:
3ペ-ジ
ファイル容量:
1.05MB


閲覧対応端末:
電子書籍閲覧対応端末


閲覧可能台数:
3台(購入日より1年間ダウンロードが可能)


※電子書籍閲覧方法についての 詳細はこちら

内容紹介

A Case of Trastuzumab-Resistant Breast Cancer Responding to Lapatinib/Capecitabine Therapy

Summary
 Here we report a case of a 56-year-old woman who presented at our hospital with a chief complaint of a red lump in her right breast. Breast cancer(Rt C, T4bN0M0; ER[-], PgR[-], HER2: 3[+]; stageⅢb)was diagnosed, and subsequent preoperative chemotherapy, mastectomy and axillary lymph node dissection were performed. Five months after surgery, bone metastasis in the thoracolumbar vertebrae developed and trastuzumab/zoledronic acid hydrate therapy was initiated. Four months after the therapy, tumor marker levels increased and docetaxel was added to the treatment regimen. Although the patient's condition temporarily improved, tumor marker levels increased again after 6 months, and the treatment regimen was switched to trastuzumab/nab-paclitaxel therapy. However, such regimen was discontinued owing to the development of liver metastasis, and lapatinib/capecitabine therapy was initiated. Two months after lapatinib/capecitabine therapy, tumor marker levels normalized and the liver metastasis markedly reduced. Side effects included paronychia(grade 3), which improved with dose reduction. The patient's therapy is being continued.

要旨
 症例は56歳,女性。右乳房の発赤を伴うしこりを主訴に来院した。乳癌[Rt C,T4bN0M0,ER(-),PgR(-),HER2(3+),stageⅢb]と診断し,術前化学療法後に乳房切除術および腋窩リンパ節郭清術を施行した。手術5か月後に胸腰椎の骨転移が出現しtrastuzumab/zoledronic acid hydrate療法を開始した。術後4か月目に腫瘍マーカーが上昇したためdocetaxelを追加した。術後12か月目に腫瘍マーカーが再上昇し,trastuzumab/nab-paclitaxel療法に変更したが,新たに肝転移が出現し中止した。lapatinib/capecitabine療法を導入したところ,術後14か月目に腫瘍マーカーは正常化し,肝転移も著明に縮小した。現在継続投与中である。

目次

癌と化学療法 TOPへ
癌と化学療法 41巻3号 2014年3月号トップへ

【症例】

▶Lapatinib,Capecitabine療法が奏効したTrastuzumab耐性乳癌の1例…林  雅 規ほか

このページの先頭へ