現在のカゴの中

商品合計数量:0

商品合計金額:0円

クーポン値引:0円

カゴの中を見る

検索条件

商品カテゴリから探す
出版社から探す
キーワードから探す

電子書籍閲覧リーダーソフトは下記のアイコンをクリックすることによりインストーラをダウンロードすることができます。また、詳しいの電子書籍閲覧方法については「ヘルプページ」をご確認下さい。


シスプラチン(CDDP)+ペメトレキセド(PEM)療法が奏効した上皮型悪性腹膜中皮腫の1例

電子書籍販売価格(税込):
1,100

商品コード:
11046_13
著者:
小林真理子 ほか
出版社:
癌と化学療法社 出版社HP
発行:
2014年
ページ数:
4ペ-ジ
ファイル容量:
1.36MB


閲覧対応端末:
電子書籍閲覧対応端末


閲覧可能台数:
3台(購入日より1年間ダウンロードが可能)


※電子書籍閲覧方法についての 詳細はこちら

内容紹介

A Case of Malignant Peritoneal Mesothelioma with the Epithelioid Histological Type, Successfully Treated with Pemetrexed plus Cisplatin

Summary
 A 45-year-old man presented with severe abdominal distention with massive ascites due to a diffusely disseminated peritoneal tumor. A core needle biopsy specimen was obtained from the peritoneal lesion. Histological diagnosis was epithelioid-type mesothelioma. He did not choose to receive chemotherapy. For 2.5 years, he went without medical intervention, and his disease gradually progressed, leading to a worsening of his symptoms. The patient then chose to be treated with combination chemotherapy of cisplatin and pemetrexed, followed by pemetrexed alone. There was remarkable tumor shrinkage and his symptoms improved. These effects have been sustained for two years after the initial chemotherapy. Chemotherapy appears to have contributed to survival prolongation for this patient. This case exemplifies the fact that malignant peritoneal mesothelioma may progress slowly when fits with some good prognostic factors, and it is important to consider the prognostic factors.

要旨
 症例は45歳,男性。びまん性の腹膜播種と腹水を認め,針生検で上皮型悪性腹膜中皮腫と診断。積極的加療の希望なく経過観察となった。2.5年間,無治療で経過観察が可能であったが,腫瘍は徐々に増大し腹腔内を占拠したため全身状態が悪化した。シスプラチン(cisplatin: CDDP)+ペメトレキセド(pemetrexed: PEM)療法を行い,腫瘍の著明な縮小とともに全身状態の改善が得られた。さらにPEM単剤維持療法を行うことで,その後も増悪なく初回診断から4.5年間生存中である。また,本例はこれまで報告されている予後良好な因子をいくつか満たしており,予後因子を参考に治療介入時期などを検討できる可能性が示唆された。

目次

癌と化学療法 TOPへ
癌と化学療法 41巻3号 2014年3月号トップへ

【症例】

▶シスプラチン(CDDP)+ペメトレキセド(PEM)療法が奏効した上皮型悪性腹膜中皮腫の1例…小林真理子ほか

このページの先頭へ