現在のカゴの中

商品合計数量:0

商品合計金額:0円

クーポン値引:0円

カゴの中を見る

検索条件

商品カテゴリから探す
出版社から探す
キーワードから探す

電子書籍閲覧リーダーソフトは下記のアイコンをクリックすることによりインストーラをダウンロードすることができます。また、詳しいの電子書籍閲覧方法については「ヘルプページ」をご確認下さい。


Trastuzumabによって心機能が低下し,投与再開後に再び心機能が低下した乳癌の1例

電子書籍販売価格(税込):
1,100

商品コード:
11047_13
著者:
徳田 彩、阿部 元、河合 由紀、梅田 朋子、冨田 香、森   毅、張 弘富、久保田良浩、谷   徹
出版社:
癌と化学療法社 出版社HP
発行:
2014年
ページ数:
3ペ-ジ
ファイル容量:
1.03MB


閲覧対応端末:
電子書籍閲覧対応端末


閲覧可能台数:
3台(購入日より1年間ダウンロードが可能)


※電子書籍閲覧方法についての 詳細はこちら

内容紹介

A Case of Breast Cancer with Repeated Cardiac Dysfunction due to Trastuzumab

Summary
 Here we present a case of breast cancer in which cardiac dysfunction had previously been observed on trastuzumab(TRS)administration; the condition then improved but reoccurred on readministration of TRS. A 52-year-old woman received preoperative chemotherapy for StageⅢC left breast cancer(fluorouracil, epirubicin and cyclophosphamide followed by docetaxel and TRS), and then underwent partial mastectomy and axillary lymph node dissection. For adjuvant therapy, she received endocrine therapy and TRS. Radiation therapy was administered to the left residual breast. The patient complained about palpitation in the 5th cycle of TRS, and left ventricle ejection fraction(LVEF)decreased to 45.3% from 64%. Therefore, we stopped TRS administration. Palpitation improved, and LVEF increased to 53% after 2 months. TRS was administered again; however, palpitation reoccurred and LVEF decreased to 44%. TRS administration was once again discontinued. However, according to the HERA trial report regarding patients with a history of anthracycline and radiation therapy, TRS administration could be resumed when LVEF is greater than 50%, but we should be more careful during readministration of TRS.

要旨
 trastuzumab(TRS)によって心機能が低下し,改善後TRSを再開したが,再び心機能が低下した進行乳癌の1例を経験したので報告する。症例は52歳,女性。左乳癌[T4bN3cM0, StageⅢC,invasive ductal carcinoma,ER(100%),PgR(50%),HER2(3+)]に対し,FEC 4サイクル,DOC+TRS 4サイクルの術前化学療法を施行し,乳房円状部分切除術と腋窩リンパ節郭清を施行した。術後補助化学療法としてTRSと内分泌療法を開始し,同時に左残存乳房に放射線照射を追加した。TRS 5サイクル後に動悸を認め,LVEFが64%から45.3%に低下したためいったん投与中止とした。2か月後に症状が消失し,LVEFも53%まで改善したのでTRSを再開したが再び動悸が出現し,LVEFも44%まで低下したため,投与中止とした。HERA試験の心機能アルゴリズムによるとLVEFが50%以上になれば投与再開とされているが,アンスラサイクリン系薬剤や放射線の治療歴などリスクを伴う症例はTRSの投与再開に際してより慎重であるべきと考えられた。

目次

癌と化学療法 TOPへ
癌と化学療法 41巻3号 2014年3月号トップへ

【症例】

▶Trastuzumabによって心機能が低下し,投与再開後に再び心機能が低下した乳癌の1例…徳 田  彩ほか

このページの先頭へ