現在のカゴの中

商品合計数量:0

商品合計金額:0円

クーポン値引:0円

カゴの中を見る

検索条件

商品カテゴリから探す
出版社から探す
キーワードから探す

電子書籍閲覧リーダーソフトは下記のアイコンをクリックすることによりインストーラをダウンロードすることができます。また、詳しいの電子書籍閲覧方法については「ヘルプページ」をご確認下さい。


S-1+CDDP療法が奏効した胃のLarge Cell Neuroendocrine Carcinomaの1例

電子書籍販売価格(税込):
1,100

商品コード:
11048_13
著者:
藤村 美憲、中原 修、太田尾 龍、後藤 平明、馬場 秀夫
出版社:
癌と化学療法社 出版社HP
発行:
2014年
ページ数:
3ペ-ジ
ファイル容量:
2.19MB


閲覧対応端末:
電子書籍閲覧対応端末


閲覧可能台数:
3台(購入日より1年間ダウンロードが可能)


※電子書籍閲覧方法についての 詳細はこちら

内容紹介

A Case of Large Cell Neuroendocrine Carcinoma of the Stomach with Liver Metastasis Effectively Treated with S-1 and CDDP Combination Therapy

Summary
 A 73-year-old man was referred to our hospital because of appetite loss and weight loss in January 2009. Endoscopy showed an advanced type Ⅱ gastric tumor at the middle of the gastric wall, and computed tomography showed multiple liver metastases. Immunohistological examination confirmed a diagnosis of large cell neuroendocrine carcinoma which was chromogranin A(+), CD56(+), and synaptophysin(+). Oral administration of S-1(100 mg/body)was given 5 days on and 2 days off, while cisplatin(CDDP 40 mg/body)was administered intravenously once every 2 weeks. The patient achieved a partial response(PR), and no serious adverse effects were observed. This case suggests that S-1/CDDP chemotherapy may be an effective treatment in patients with large cell neuroendocrine carcinoma of the stomach.

要旨
 患者は73歳,男性。2009年1月ごろから食欲低下,体重減少を認め当科受診。上部消化管内視鏡検査および腹部造影CT検査にて,胃体中部後壁を占める2型の腫瘍および多発性肝腫瘍を認めた。胃腫瘍部の生検では大型の腫瘍細胞が充実胞巣状に増殖し,免疫染色でchromogranin A,CD56,synaptophysinが陽性であり,large cell neuroendocrine carcinoma(大細胞型神経内分泌細胞癌)と診断した。これに対し,S-1 100 mg/body(5日投与2日休薬),CDDP 40 mg/body(2週に1回)を1コースとして化学療法を開始した。投与開始4か月後の画像評価では腫瘍の縮小を認めた。これまで胃の大細胞型神経内分泌細胞癌に対する全身化学療法についての報告は少なく,S-1+CDDP療法は治療選択肢の一つになると考えられた。

目次

癌と化学療法 TOPへ
癌と化学療法 41巻3号 2014年3月号トップへ

【症例】

▶S-1+CDDP療法が奏効した胃のLarge Cell Neuroendocrine Carcinomaの1例…藤村 美憲ほか

このページの先頭へ