現在のカゴの中

商品合計数量:0

商品合計金額:0円

クーポン値引:0円

カゴの中を見る

検索条件

商品カテゴリから探す
出版社から探す
キーワードから探す

電子書籍閲覧リーダーソフトは下記のアイコンをクリックすることによりインストーラをダウンロードすることができます。また、詳しいの電子書籍閲覧方法については「ヘルプページ」をご確認下さい。


腸瘻からのImatinib投与による術前寛解導入化学療法が奏効し安全に切除し得た空腸GISTの1例

電子書籍販売価格(税込):
1,100

商品コード:
11053_13
著者:
木村英世、大塚隆生、当間宏樹、上田純二、水内祐介、山元英崇、高畑俊一、小田義直、植木隆、田中雅夫
出版社:
癌と化学療法社 出版社HP
発行:
2014年
ページ数:
4ペ-ジ
ファイル容量:
1.13MB


閲覧対応端末:
電子書籍閲覧対応端末


閲覧可能台数:
3台(購入日より1年間ダウンロードが可能)


※電子書籍閲覧方法についての 詳細はこちら

内容紹介

A Case of Gastrointestinal Stromal Tumor of the Jejunum Successfully Treated by Preoperative Induction Chemotherapy with Imatinib Mesylate Administered through Jejunostomy and Subsequent Surgical Resection

Summary
 A 70-year-old female patient with a palpable mass in the left upper abdomen suffered from abdominal pain and fever. Abdominal computed tomography showed a jejunal tumor 11 cm in diameter with ascites, suggesting rupture of the tumor. Histological diagnosis via endoscopic ultrasound-guided fine needle aspiration indicated c-kit-positive gastrointestinal stromal tumor. Diagnostic laparoscopy demonstrated a large jejunal tumor possibly invading the stomach and pancreas. The patient then underwent tube jejunostomy. Thereafter, preoperative induction chemotherapy with imatinib mesylate(400 mg/body/day)via jejunostomy was administered for 6 months, resulting in 20% reduction of the tumor diameter and disappearance of any indication of stomach and pancreas invasion. The patient then underwent radical partial resection of the jejunum without combined resection of either the stomach or pancreas. Postoperative adjuvant chemotherapy with imatinib mesylate(400 mg/body/day)was also indicated. No sign of recurrence has been detected to date after 1 year of follow-up.

要旨
 患者は70歳台,女性。腹痛と発熱を主訴に近医を受診し,左上腹部に腫瘤を触れたため精査目的に当院へ紹介された。CTでは直径6.0 cmの空腸由来の腫瘍の破裂が疑われた。保存的加療の後,超音波内視鏡下生検によりc-kit陽性gastrointestinal stromal tumor(GIST)の診断を得た。審査腹腔鏡では腫瘍の胃前庭部と膵への浸潤が疑われ,一期的切除はリスクが高いと判断し,腸瘻を造設した。手術翌日より腸瘻からimatinib mesylate(400 mg/body/day)の投与を開始した。腸瘻造設後6か月目に腫瘍は径4.8 cm大に縮小し,画像上,周囲臓器への浸潤も認められなくなったため手術を行ったところ,空腸部分切除で根治切除が可能であった。術後1年目の現在,無再発生存中である。本例は穿孔を伴う空腸GISTに腸瘻を造設して術前寛解導入化学療法を施行し,安全に切除し得た点で報告に値すると思われる。

目次

癌と化学療法 TOPへ
癌と化学療法 41巻3号 2014年3月号トップへ

【症例】

▶腸瘻からのImatinib投与による術前寛解導入化学療法が奏効し安全に切除し得た空腸GISTの1例…木村 英世ほか

このページの先頭へ