現在のカゴの中

商品合計数量:0

商品合計金額:0円

クーポン値引:0円

カゴの中を見る

検索条件

商品カテゴリから探す
出版社から探す
キーワードから探す

電子書籍閲覧リーダーソフトは下記のアイコンをクリックすることによりインストーラをダウンロードすることができます。また、詳しいの電子書籍閲覧方法については「ヘルプページ」をご確認下さい。


術前SOX療法が著効し人工肛門造設を回避できた高度進行直腸癌の1例

電子書籍販売価格(税込):
1,100

商品コード:
11054_13
著者:
島尾 一也、矢野 正雄、佐々木建志、後藤 哲宏
出版社:
癌と化学療法社 出版社HP
発行:
2014年
ページ数:
3ペ-ジ
ファイル容量:
1.18MB


閲覧対応端末:
電子書籍閲覧対応端末


閲覧可能台数:
3台(購入日より1年間ダウンロードが可能)


※電子書籍閲覧方法についての 詳細はこちら

内容紹介

Induction Chemotherapy with S-1/Oxaliplatin Prevented Colostomy in a Patient with Advanced Rectal Cancer

Summary
 A 72-year-old woman was admitted to our hospital with bloody stools and constipation. She was diagnosed with advanced lower rectal cancer with multiple liver and pulmonary metastases. Because the rectal cancer was located 2 cm from the anal verge, we suggested she undergo an abdominoperineal resection(Miles operation), but she refused to undergo a colostomy. Then, 6 courses of chemotherapy with S-1/oxaliplatin(SOX)were administered, and the local tumor, liver metastases, and pulmonary metastases were all significantly decreased in size(reduction rate 60%). After chemotherapy, she chose to undergo low anterior resection(LAR), D2. Postoperative recovery was uneventful, and she currently has stable disease with adjuvant SOX chemotherapy. Induction SOX chemotherapy was considered to be useful for maintaining the quality of life(QOL)in a patient with advanced rectal cancer.

要旨
 症例は72歳,女性。血便・便秘を主訴に来院。精査にて多発肝転移・多発肺転移を伴う肛門縁から2 cmに位置する高度進行直腸癌の診断となった。原発巣に対し腹会陰式直腸切断術を提示するも,患者は人工肛門造設回避を希望したため,化学療法を施行することとなった。S-1/oxaliplatin(SOX)療法を6コース施行したところ,原発巣,肝転移,肺転移のいずれも著明に縮小した。原発巣は低位前方切除術にて切除可能な程度に縮小したため手術を施行。術後経過は良好で,現在外来にて術後化学療法を継続中である。SOX療法は,高度進行直腸癌患者に対する第一選択の治療法の一つになり得ると考えられ,QOLの確保に有用であると考えられた。

目次

癌と化学療法 TOPへ
癌と化学療法 41巻3号 2014年3月号トップへ

【症例】

▶術前SOX療法が著効し人工肛門造設を回避できた高度進行直腸癌の1例…島尾 一也ほか

このページの先頭へ