現在のカゴの中

商品合計数量:0

商品合計金額:0円

クーポン値引:0円

カゴの中を見る

検索条件

商品カテゴリから探す
出版社から探す
キーワードから探す

電子書籍閲覧リーダーソフトは下記のアイコンをクリックすることによりインストーラをダウンロードすることができます。また、詳しいの電子書籍閲覧方法については「ヘルプページ」をご確認下さい。


mFOLFOX6+Panitumumab療法が奏効し可及的に膀胱を温存した根治手術が可能となった膀胱浸潤S状結腸癌の1例

電子書籍販売価格(税込):
1,100

商品コード:
11055_13
著者:
吉川 清、桑田 博文、中畑 孔克
出版社:
癌と化学療法社 出版社HP
発行:
2014年
ページ数:
3ペ-ジ
ファイル容量:
1.19MB


閲覧対応端末:
電子書籍閲覧対応端末


閲覧可能台数:
3台(購入日より1年間ダウンロードが可能)


※電子書籍閲覧方法についての 詳細はこちら

内容紹介

A Case of Curatively Resected Sigmoid Colon Cancer after mFOLFOX6 plus Panitumumab Neoadjuvant Chemotherapy

Summary
 A 54-year-old man with residual urine, abdominal pain, and a high fever was diagnosed with KRAS wild-type sigmoid colon cancer with urinary bladder invasion. Considering the difficulty of curative resection, we first performed an ileostomy. Remarkable tumor regression was indicated by computed tomography(CT)and colonoscopy after 3 courses of mFOLFOX6 plus panitumumab. A sigmoidectomy and partial cystectomy were performed with a curative intent. Six courses of XELOX adjuvant chemotherapy were administered, and no recurrence has been observed for 9 months. mFOLFOX6 plus panitumumab might be an effective preoperative chemotherapy for patients with locally advanced KRAS wild-type colon cancer.

要旨
 症例は54歳,男性。残尿感,腹痛,発熱を主訴として当院を受診した。精査にて膀胱浸潤を伴うKRAS野生型のS状結腸癌と診断した。根治切除には過大な手術侵襲を伴うと判断し,回腸ストーマ造設後,術前化学療法としてmFOLFOX6+panitumumab療法を3コース施行した。腫瘍の縮小を確認し,根治切除術を施行した。術後補助化学療法としてXELOXを6コース施行した。根治切除術から9か月が経過した現在,無再発生存中である。KRAS野生型の局所進行大腸癌に対する術前化学療法として,mFOLFOX6+panitumumab療法が有効である可能性が示された。

目次

癌と化学療法 TOPへ
癌と化学療法 41巻3号 2014年3月号トップへ

【症例】

▶mFOLFOX6+Panitumumab療法が奏効し可及的に膀胱を温存した根治手術が可能となった膀胱浸潤S状結腸癌の1例…吉 川  清ほか

このページの先頭へ