現在のカゴの中

商品合計数量:0

商品合計金額:0円

クーポン値引:0円

カゴの中を見る

検索条件

商品カテゴリから探す
出版社から探す
キーワードから探す

電子書籍閲覧リーダーソフトは下記のアイコンをクリックすることによりインストーラをダウンロードすることができます。また、詳しいの電子書籍閲覧方法については「ヘルプページ」をご確認下さい。


本邦における輸血医療の現状

電子書籍販売価格(税込):
1,100

商品コード:
11068_13
著者:
牧野 茂義
出版社:
癌と化学療法社 出版社HP
発行:
2014年
ページ数:
6ペ-ジ
ファイル容量:
1.22MB


閲覧対応端末:
電子書籍閲覧対応端末


閲覧可能台数:
3台(購入日より1年間ダウンロードが可能)


※電子書籍閲覧方法についての 詳細はこちら

内容紹介

The Current State of Transfusion Medicine in Japan

Summary
 In Japan, transfusion medicine, which is supported by the voluntary blood donation system, is facing a risk of blood shortage. This is due to reduced donations by the younger generation as well as the falling birth rate and the aging of the population, with a consequent increase in the elderly population that depends on blood transfusions for conditions such as cancer and hematological and cardiovascular diseases. Therefore, to guarantee stable provision of blood products, in addition to implementing measures to promote blood donation, healthcare professionals must, as a policy, strictly follow the rules for appropriate use of blood products as defined in the“Criteria for the Use of Blood Products”. Additionally, measures such as the use of autologous blood to reduce allogeneic blood usage and the implementation of adequate internal control systems to reduce blood wastage should be considered. Further, although this is not presently covered by the Japanese Health Insurance System, cryoprecipitate or fibrinogen products, which are used as alternative therapies in cases of hypofibrinogenemia due to massive bleeding, are effective not only for reducing the blood transfusion volume, but also for alleviating bleeding in patients. Additionally, the use of erythropoietin to treat chemotherapy-induced anemia is an effective measure to improve patients' quality of life, and its prompt approval by the Health Insurance System is desired.

要旨
 本邦における輸血医療は献血制度で支えられている。若年者の献血離れと少子化に伴う献血人口の減少に加えて,輸血が必要ながんや造血器および循環器疾患をもつ高齢者の増加に伴って血液不足が懸念されている。血液製剤の安定供給確保のための施策としては,さらなる献血推進が必要であるが血液製剤の使用指針を遵守し,適正使用の徹底はわれわれ医療従事者の責務である。また,自己血輸血推進により同種血削減を行い,院内輸血管理体制を整備することによって廃棄血削減をめざすべきである。現在,保険適応がない代用療法として大量出血時の低フィブリノゲン血症に対するクリオプレシピテートやフィブリノゲン製剤の臨床応用は,輸血量削減ばかりでなく,出血からの患者救命につながるために重要である。さらにがん化学療法時の貧血に対するエリスロポエチン製剤も,貧血による患者のQOL低下に対する有効な治療法であり早期の保険収載が期待されている。

目次

癌と化学療法 TOPへ
癌と化学療法 41巻4号 2014年4月号トップへ

【特集】化学療法と貧血

▶本邦における輸血医療の現状…牧野 茂義

このページの先頭へ