現在のカゴの中

商品合計数量:0

商品合計金額:0円

クーポン値引:0円

カゴの中を見る

検索条件

商品カテゴリから探す
出版社から探す
キーワードから探す

電子書籍閲覧リーダーソフトは下記のアイコンをクリックすることによりインストーラをダウンロードすることができます。また、詳しいの電子書籍閲覧方法については「ヘルプページ」をご確認下さい。


がん化学療法に伴う貧血の全国調査

電子書籍販売価格(税込):
1,100

商品コード:
11070_13
著者:
田中 朝志
出版社:
癌と化学療法社 出版社HP
発行:
2014年
ページ数:
5ペ-ジ
ファイル容量:
1.27MB


閲覧対応端末:
電子書籍閲覧対応端末


閲覧可能台数:
3台(購入日より1年間ダウンロードが可能)


※電子書籍閲覧方法についての 詳細はこちら

内容紹介

Questionnaire-Based Survey on Chemotherapy-Induced Anemia

Summary
 The Japan Society of Clinical Oncology and The Japan Society of Transfusion Medicine and Cell Therapy jointly conducted a questionnaire-based survey on chemotherapy-induced anemia(CIA)in cancer patients between September and November 2010, the results of which are outlined here. For all the eight main cancer types in Japan that were analyzed(breast, lung, stomach, colorectal, liver, gynecologic, and urologic cancers and malignant lymphoma), blood transfusion was required in 1.6-24.0%(mean=7.5%)of patients who received chemotherapy, and 3.9-7.3 units(mean=5.9 units)red blood cells were transfused per patient. Approximately 146,000 units of red blood cells, accounting for 2.2% of the total annual supply of red blood cell products, was estimated to be transfused to cancer patients with CIA every year. In addition, approximately 172,000 cancer patients with CIA, accounting for 40% of patients receiving chemotherapy, were estimated to have hemoglobin(Hb)levels below 10 g/dL annually. In patients who received red blood cell transfusions, the average Hb level prior to chemotherapy was 9.5 g/dL and the average lowest Hb level after starting chemotherapy was 6.9 g/dL; these values were 11.6 g/dL and 10.4 g/dL, respectively, in patients who did not receive transfusion. Furthermore, for all cancer types, almost no red blood cell transfusions were performed in patients with an Hb level of 8.0 g/dL or higher, although many patients with an Hb level of 6.9 g/dL or lower also did not receive red blood cell transfusions. These results highlight the strict restriction of red blood cell transfusion to cancer patients with CIA. Therefore, the use of alternative therapies such as erythropoiesis-stimulating agents should be considered to improve the quality of life of cancer patients with CIA.

要旨
 日本癌治療学会と日本輸血・細胞治療学会共同で,がん化学療法に伴う貧血(chemotherapy-induced anemia: CIA)に関する実態調査が,2010年9月~11月を対象期間として実施されたので結果を概説する。日本での主要な八つのがん種(乳房,肺,胃,大腸・直腸,肝臓,婦人科系,泌尿器系,悪性リンパ腫)での化学療法実施症例中での輸血率は1.6~24.0(平均7.5)%,1人当たりの赤血球輸血量は3.9~7.3(平均5.9)単位であった。この結果から,1年間にわが国でがん化学療法時の貧血に対して使用される赤血球輸血量を推計すると,総供給量の2.2%に相当する約14.6万単位となった。また,Hb 10 g/dL以下の年間CIA患者数は約17.2万人で,化学療法実施患者の40%と推測された。化学療法開始前のHb値の平均,開始後の最低Hb値の平均は,赤血球輸血を実施した症例では9.5 g/dLおよび6.9 g/dLであり,輸血を実施しなかった症例では11.6 g/dLおよび10.4 g/dLであった。また,各がん種ともHb 8.0 g/dL以上で赤血球輸血を実施した症例は少数にとどまる一方,Hb 6.9 g/dL以下であっても赤血球輸血を実施しなかった症例も多数みられた。
 以上より,がん化学療法に伴う貧血に対しての赤血球輸血は極力控えられている実態が明らかとなった。患者のQOL向上のためには,他の代替療法(赤血球造血刺激因子製剤など)について検討する必要があると考えられた。

目次

癌と化学療法 TOPへ
癌と化学療法 41巻4号 2014年4月号トップへ

【特集】化学療法と貧血

▶がん化学療法に伴う貧血の全国調査…田中 朝志

このページの先頭へ