現在のカゴの中

商品合計数量:0

商品合計金額:0円

クーポン値引:0円

カゴの中を見る

検索条件

商品カテゴリから探す
出版社から探す
キーワードから探す

電子書籍閲覧リーダーソフトは下記のアイコンをクリックすることによりインストーラをダウンロードすることができます。また、詳しいの電子書籍閲覧方法については「ヘルプページ」をご確認下さい。


腎機能低下の有無による多発性骨髄腫患者に対するゾレドロン酸投与の生命予後への影響

電子書籍販売価格(税込):
1,100

商品コード:
11079_13
著者:
森尾佳代子、津金麻実子、水木満佐央、上島 悦子
出版社:
癌と化学療法社 出版社HP
発行:
2014年
ページ数:
5ペ-ジ
ファイル容量:
1.05MB


閲覧対応端末:
電子書籍閲覧対応端末


閲覧可能台数:
3台(購入日より1年間ダウンロードが可能)


※電子書籍閲覧方法についての 詳細はこちら

内容紹介

Effect of the Administration of Zoledronic Acid on Life Expectancy in Patients with Multiple Myeloma with or without Renal Impairment

Summary
 Zoledronic acid(ZA)is believed to exert anticancer effects in patients with multiple myeloma(MM). For patients with impaired renal function, its dosage should be determined according to creatinine clearance(Ccr). However, there is no reported difference in life expectancy improvement between those with and without renal impairment. Therefore, we conducted a retrospective study to investigate this clinical question. Seventy-eight MM patients receiving ZA injections were selected and divided into 2 groups: (1)normal group(n=39), baseline Ccr≧60 mL/min, and(2)impaired group(n=39), baseline Ccr<60 mL/min. Patients in the normal group received a significantly higher initial dose(p<0.001), were of a younger age(p<0.001), had lower β2-microglobulin(β2-M)levels(p<0.001), and had higher rates of prior hematopoietic stem cell transplantation(p<0.001)than those in the impaired group. We then compared the survival rate between 31 patients in the normal group and 27 patients in the impaired group whose treatment outcome data were available and found no significant difference(p=0.251). Therefore, our results suggest that the survival rate on ZA administration may not differ between MM patients with and without renal impairment.

要旨
 ゾレドロン酸(ZA)は,多発性骨髄腫(MM)患者において抗腫瘍効果を有するとの報告がある一方で,腎機能障害のある患者にはクレアチニン・クリアランス(Ccr)に応じて投与量を設定しなければならない薬剤である。しかし,MM患者に対するZA投与の生命予後への影響について,腎機能低下の有無により違いがみられるかについての報告はみられないため,レトロスペクティブに調査した。ZAを投与されたMM患者を対象とし,ZA初回投与前のCcrが60 mL/min以上(正常群)と60 mL/min未満(低下群)の2群に分け,比較検討した。対象患者は78(正常群39,低下群39)例であった。正常群では低下群より有意にZAの初回投与量が多く(p<0.001),若年齢(p<0.001),血清中β2-M低値(p<0.001),造血幹細胞移植歴を多く有していた(p<0.001)。また,転帰が明らかな患者(正常群31例,低下群27例)を対象に生存率を比較したところ,両群において有意差は認められなかった(p=0.251)。したがって,ZAが投与されたMM患者の生存率は,腎機能低下の有無により差がみられない可能性が示唆された。

目次

癌と化学療法 TOPへ
癌と化学療法 41巻4号 2014年4月号トップへ

【原著】

▶腎機能低下の有無による多発性骨髄腫患者に対するゾレドロン酸投与の生命予後への影響…森尾佳代子ほか

このページの先頭へ