現在のカゴの中

商品合計数量:0

商品合計金額:0円

クーポン値引:0円

カゴの中を見る

検索条件

商品カテゴリから探す
出版社から探す
キーワードから探す

電子書籍閲覧リーダーソフトは下記のアイコンをクリックすることによりインストーラをダウンロードすることができます。また、詳しいの電子書籍閲覧方法については「ヘルプページ」をご確認下さい。


樹状細胞がんワクチン療法をめざした脂肪組織由来幹細胞からのiPS細胞の樹立

電子書籍販売価格(税込):
1,100

商品コード:
11080_13
著者:
松下 典正、小林 肇、有賀 淳、山本 雅一
出版社:
癌と化学療法社 出版社HP
発行:
2014年
ページ数:
4ペ-ジ
ファイル容量:
1.34MB


閲覧対応端末:
電子書籍閲覧対応端末


閲覧可能台数:
3台(購入日より1年間ダウンロードが可能)


※電子書籍閲覧方法についての 詳細はこちら

内容紹介

Establishment of Induced Pluripotent Stem Cells from Adipose Tissue-Derived Stem Cells for Dendritic Cell-Based Cancer Vaccines

Summary
 Recently, studies on regenerative stem cell therapy are being encouraged, and efforts to generate dendritic cells, which play important roles in cancer immunotherapy, from stem cells are being made in the field of tumor immunology. Therapeutic acquisition of stem cells has important clinical applications. Studies on induced pluripotent stem(iPS)cells generated from somatic cells with pluripotent genes have advanced in recent years. Stem cells are reported to be found in adipose tissue(adipose-derived stem cells, ADSC). Our goal is to develop a new cancer vaccine by using dendritic cells generated from ADSC. In a preliminary study, we examined whether iPS cells can be generated from ADSC to serve as a source of dendritic cells. We introduced a plasmid with pluripotent genes(OCT3/4, KLF4, SOX2, L-MYC, LIN28, p53-shRNA)into an ADSC strain derived from adipose tissue by electroporation and subsequently cultured the cells for further examination. A colony suggestive of iPS cells from ADSC was observed. OCT3/4, KLF4, SOX2, L-MYC, and LIN28 mRNAs were expressed in the cultured cells, as confirmed by reverse transcriptase-polymerase chain reaction(RT-PCR). On the basis of these results, we confirmed that iPS cells were generated from ADSC. The method of inducing dendritic cells from iPS cells has already been reported, and the results of this study suggest that ADSC is a potential source of dendritic cells.

要旨
 近年,幹細胞を用いた再生医療の研究が精力的に進められており,腫瘍免疫の分野でも幹細胞からがんワクチン療法において重要な役割を果たす樹状細胞を分化誘導させる研究が行われている。臨床応用のためには治療に使用可能な幹細胞の獲得が重要と考えられるが,近年体細胞に多能性遺伝子を導入し多分化能を有する細胞を獲得するiPS細胞の研究が進められている。生体の脂肪組織には幹細胞[脂肪組織由来幹細胞(adipose-derived stem cell: ADSC)]が認められると報告されている。ADSCから樹状細胞へ分化誘導を行い,がんワクチンとして使用する新規樹状細胞がんワクチン療法を将来的な目標とし,その基礎的検討として今回ADSCからiPS細胞の分化誘導を行い,樹状細胞誘導の細胞源とすることが可能かについて検討した。脂肪組織由来幹細胞株(ADSC)に多能性遺伝子(OCT3/4,KLF4,SOX2,L-MYC,LIN28,p53-shRNA)を持つプラスミドをエレクトロポレーションにて導入し,その後幹細胞の培養を行った。培養の結果,ADSCのiPS細胞化を示唆するコロニーが出現し,そのコロニーを採取後RT-PCRにてmRNAの発現を測定したところ,遺伝子導入された細胞のゲノム上OCT3/4,KLF4,SOX2,L-MYC,LIN28が活性化されており,ADSCよりiPS細胞が誘導されていることが確認された。iPS細胞より樹状細胞の誘導方法はすでに報告されており,本研究の結果よりADSCが樹状細胞誘導の細胞源と成り得る可能性が示唆された。

目次

癌と化学療法 TOPへ
癌と化学療法 41巻4号 2014年4月号トップへ

【原著】

▶樹状細胞がんワクチン療法をめざした脂肪組織由来幹細胞からのiPS細胞の樹立…松下 典正ほか

このページの先頭へ