現在のカゴの中

商品合計数量:0

商品合計金額:0円

クーポン値引:0円

カゴの中を見る

検索条件

商品カテゴリから探す
出版社から探す
キーワードから探す

電子書籍閲覧リーダーソフトは下記のアイコンをクリックすることによりインストーラをダウンロードすることができます。また、詳しいの電子書籍閲覧方法については「ヘルプページ」をご確認下さい。


非小細胞肺癌におけるペメトレキセドの安全性と有効性について―特定使用成績調査より―

電子書籍販売価格(税込):
1,100

商品コード:
11082_13
著者:
大久保澄子、小林 典子、竹綱 正典、金子 直哉、江夏総太郎、西馬 信一
出版社:
癌と化学療法社 出版社HP
発行:
2014年
ページ数:
7ペ-ジ
ファイル容量:
1.08MB


閲覧対応端末:
電子書籍閲覧対応端末


閲覧可能台数:
3台(購入日より1年間ダウンロードが可能)


※電子書籍閲覧方法についての 詳細はこちら

内容紹介

Safety and Effectiveness of Pemetrexed in Patients with Non-Small Cell Lung Cancer in Japan―Analysis of Post-Marketing Surveillance

Summary
 The safety and effectiveness of pemetrexed(PEM)in patients with non-small cell lung cancer(NSCLC)were reviewed using data from post-marketing surveillance. Among 699 patients registered from June 2009 to May 2010, 683 patients were analyzed(343, first-line therapy: 340, second-line therapy or beyond). Patient backgrounds were as follows: median age=65 years(16.1% ≥ 75 years old); 64.7% male; 91.9% performance status 0-1; 83.2% StageⅣ; 99.0% non-squamous cell cancer. Also, 86% of the first-line and 20% of the second-line cohort were receiving a concomitant anti-cancer drug(mostly platinum agents). The incidence rate of adverse drug reactions(ADR)was 76.7%, including serious cases(18.0%). The most common ADRs were decreased white blood cell count(26.8%), decreased neutrophil count(25.3%), anemia(19.2%), decreased platelet count(17.0%), and nausea(23.0%). The incidence of interstitial lung disease, which is a concern during chemotherapy, was 2.6%. Peripheral neuropathy and alopecia, events influencing a patient's quality of life, were less than 1%. The estimated median survival time was 23.2 months[95% CI: 19.8 months-not calculable]in the first-line cohort, and 11.8 months[95% CI: 10.5-13.7 months]in the ≥ second-line cohort. The surveillance results showed no apparent difference in total ADRs in this current study compared to the safety profile established in clinical trials previously conducted in Japan and overseas. These results demonstrate the safety and effectiveness of PEM treatment for NSCLC patients in daily clinical settings.

要旨
 非小細胞肺癌を対象としたペメトレキセド(PEM)の特定使用成績調査の結果から安全性および有効性について検討した。2009年6月~2010年5月に699例が登録され,うち683(全身化学療法の前治療無343,同有340)例を解析対象とし,主な患者背景は年齢中央値65歳(75歳以上16.1%),男性64.7%,PS 0-1: 91.9%,臨床病期Ⅳ 83.2%,非扁平上皮癌99.0%であった。前治療無86%,同有の20%で他の抗癌剤が併用され,主なものは白金製剤であった。副作用発現率は76.7(重篤18.0)%,主な副作用は白血球数減少26.8%,好中球数減少25.3%,貧血19.2%,血小板数減少17.0%,悪心23.0%であり,抗癌剤治療で懸念される間質性肺疾患は2.6%,QOLへの影響が大きい末梢神経障害および脱毛症は1%未満であった。推定生存期間中央値は前治療無23.2か月[95%CI: 19.8,―],同有11.8か月[95%CI: 10.5,13.7]であった。これまでに国内外の臨床試験から得られている安全性プロファイルの範疇であり,日常診療下においてもPEMの非小細胞肺癌治療における有効性および安全性が確認された。

目次

癌と化学療法 TOPへ
癌と化学療法 41巻4号 2014年4月号トップへ

【調査報告】

▶非小細胞肺癌におけるペメトレキセドの安全性と有効性について―特定使用成績調査より―…大久保澄子ほか

このページの先頭へ