現在のカゴの中

商品合計数量:0

商品合計金額:0円

クーポン値引:0円

カゴの中を見る

検索条件

商品カテゴリから探す
出版社から探す
キーワードから探す

電子書籍閲覧リーダーソフトは下記のアイコンをクリックすることによりインストーラをダウンロードすることができます。また、詳しいの電子書籍閲覧方法については「ヘルプページ」をご確認下さい。


急激な進行を示したTriple Negative乳癌に対してBevacizumabを含む集学的治療を行い良好な病状制御が得られた1例

電子書籍販売価格(税込):
1,100

商品コード:
11083_13
著者:
野間 翠 ほか
出版社:
癌と化学療法社 出版社HP
発行:
2014年
ページ数:
4ペ-ジ
ファイル容量:
1.13MB


閲覧対応端末:
電子書籍閲覧対応端末


閲覧可能台数:
3台(購入日より1年間ダウンロードが可能)


※電子書籍閲覧方法についての 詳細はこちら

内容紹介

A Case of Triple-Negative Breast Cancer Responding to Multidisciplinary Treatment Containing Bevacizumab

Summary
 We report a case of a 64-year-old woman with StageⅣ breast cancer who responded well to chemotherapy containing bevacizumab. She noticed a left breast tumor with acute progression and was diagnosed as having StageⅣ, estrogen receptor(ER)(-), progesterone receptor(PgR)(-), human epidermal growth factor receptor 2(HER2)(-)breast cancer(T4cN3cM1[lymph nodes]). She received 5 courses of adriamycin(60 mg/m2)plus cyclophosphamide(600 mg/m2)(AC therapy)and 4 courses of weekly paclitaxel(PTX 90 mg/m2)plus bevacizumab(AVA 10 mg/m2)as systemic therapy. Computed tomography(CT)and magnetic resonance imaging(MRI)revealed a complete response(CR). After local resection of the breast tumor and radiation to the breast and regional lymph nodes, capecitabine therapy was initiated. Currently, at 5 months after surgery, no new lesion has been detected.

要旨
 症例は64歳,女性。急速に増大する乳房腫瘤を主訴に当科受診し,左乳癌T4cN3cM1(LYM),StageⅣ,ER(-),PgR(-),HER2(-)と診断された。AC(adriamycin 60 mg/m2+cyclophosphamide 600 mg/m2)療法5コース,wPTX+AVA(paclitaxel 90 mg/m2+bevacizumab 10 mg/m2)療法4コースを行い画像的にCR。乳房部分切除術と乳房,リンパ節領域のRTの後にcapecitabine内服中であるが,手術後5か月経過の現在,病巣の出現を認めていない。急激な進行を示したStageⅣ乳癌に対してbevacizumabを含む化学療法が有効であった1例を経験したので報告する。

目次

癌と化学療法 TOPへ
癌と化学療法 41巻4号 2014年4月号トップへ

【症例】

▶急激な進行を示したTriple Negative乳癌に対してBevacizumabを含む集学的治療を行い良好な病状制御が得られた1例…野 間  翠ほか

このページの先頭へ