現在のカゴの中

商品合計数量:0

商品合計金額:0円

クーポン値引:0円

カゴの中を見る

検索条件

商品カテゴリから探す
出版社から探す
キーワードから探す

電子書籍閲覧リーダーソフトは下記のアイコンをクリックすることによりインストーラをダウンロードすることができます。また、詳しいの電子書籍閲覧方法については「ヘルプページ」をご確認下さい。


ER陽性・HER2陰性の閉経後乳癌に対し術前ホルモン療法を施行後HER2陽性となった1例

電子書籍販売価格(税込):
1,100

商品コード:
11084_13
著者:
稲福 賢司、稲荷 均、後藤 直樹、川本 昌和、羽鳥 慎祐、田邉 浩悌、益田 宗孝
出版社:
癌と化学療法社 出版社HP
発行:
2014年
ページ数:
3ペ-ジ
ファイル容量:
1.16MB


閲覧対応端末:
電子書籍閲覧対応端末


閲覧可能台数:
3台(購入日より1年間ダウンロードが可能)


※電子書籍閲覧方法についての 詳細はこちら

内容紹介

A Case of Postmenopausal Breast Cancer Becoming HER2 Positive after Neoadjuvant Hormone Therapy

Summary
 A 75-year-old woman presented to a local doctor with a lump in the right breast. On physical examination, a tumor measuring 24 mm was palpable in the BD area of her right breast. Mammography showed category 5 disease, and ultrasonography revealed a tumor measuring 24×16 mm. A mammotome biopsy provided a diagnosis of invasive ductal carcinoma of the breast(ER 7/PgR 4/HER2 1+), and the tumor was classified as stage ⅡA(T2N0M0)according to the UICC-TNM classification. She was recommended surgery but she rejected this option and underwent hormone therapy with anastrozole(1 mg/day). One year and 8 months after beginning the treatment, ultrasonography showed the tumor to measure 7.0×5.7 mm, and hormone therapy resulted in a partial response(PR). The patient hoped to undergo an operation, so she was referred to our hospital, and a right partial mastectomy and sentinel node biopsy was performed. A histopathological examination indicated scirrhous carcinoma, 18 mm, nuclear grade 1, f, ly1, v0, n0, ER 3/PgR 3/HER2 3+. The curative effect was grade 1a. The tumor had become HER2 positive, so the patient was then administered radiotherapy and trastuzumab and anastrozole as adjuvant therapy. Herein, we report our experience with a case of breast cancer that only became HER2 positive after hormone therapy, and also provide some bibliographic comments on this occurrence.

要旨
 症例は75歳,女性。右乳房のしこりを自覚し,精査目的に近医を受診した。触診上右乳房BD領域に24 mmの腫瘤を認めた。マンモグラフィではカテゴリー5であった。乳腺超音波上24×16 mmの腫瘤を認めた。マンモトーム生検を施行し浸潤性乳管癌(ER 7/PgR 4/HER2 1+)の診断を得た。T2N0M0,stage ⅡAの診断で手術を勧めたが,本人の希望でアナストロゾール(1 mg/day)を開始した。開始後1年8か月で腫瘤は乳腺超音波上7.0×5.7 mmに縮小し,PRであった。本人が手術を希望したため,当科で右乳房部分切除術,センチネルリンパ節生検を施行した。病理組織学的検査所見はscirrhous carcinoma,18 mm,nuclear grade 1,f,ly1,v0,n0,ER 3/PgR 3/HER2 3+で組織学的治療効果はgrade 1aであった。HER2が陽性となっていたため,術後adjuvant療法としてトラスツズマブとアナストロゾールを投与し,放射線治療を施行した。今回われわれは,術前ホルモン療法後HER2陰性から陽性となった1例を経験したので文献的考察を加えて報告する。

目次

癌と化学療法 TOPへ
癌と化学療法 41巻4号 2014年4月号トップへ

【症例】

▶ER陽性・HER2陰性の閉経後乳癌に対し術前ホルモン療法を施行後HER2陽性となった1例…稲福 賢司ほか

このページの先頭へ