現在のカゴの中

商品合計数量:0

商品合計金額:0円

クーポン値引:0円

カゴの中を見る

検索条件

商品カテゴリから探す
出版社から探す
キーワードから探す

電子書籍閲覧リーダーソフトは下記のアイコンをクリックすることによりインストーラをダウンロードすることができます。また、詳しいの電子書籍閲覧方法については「ヘルプページ」をご確認下さい。


血清HER2-ECD値がバイオマーカーとして有用であった進行胃癌の1例

電子書籍販売価格(税込):
1,100

商品コード:
11085_13
著者:
寺川 裕史 ほか
出版社:
癌と化学療法社 出版社HP
発行:
2014年
ページ数:
3ペ-ジ
ファイル容量:
1.10MB


閲覧対応端末:
電子書籍閲覧対応端末


閲覧可能台数:
3台(購入日より1年間ダウンロードが可能)


※電子書籍閲覧方法についての 詳細はこちら

内容紹介

A Case of Advanced Gastric Cancer in Which the Serum HER2-ECD Level Could Be Used as a Biomarker

Summary
 An 83-year-old woman was diagnosed as having advanced gastric cancer with multiple lymph node and hepatic metastases. Histopathological examination revealed that the tissue was human epidermal growth factor receptor 2(HER2)positive. The patient underwent gastrojejunostomy to improve stomach obstruction. Thereafter, S-1 and trastuzumab combination chemotherapy was administered as first-line treatment; irinotecan(CPT-11), cisplatin, and trastuzumab combination chemotherapy, as second-line treatment; and docetaxel plus trastuzumab combination chemotherapy, as third-line treatment. Although both primary and metastatic lesions decreased in size temporarily, their size increased again, and the patient died 1 year and 7 months later. The level of serum HER2-extracellular domain(ECD)was a valuable indicator of response to chemotherapy. Thus, serum HER2-ECD could be a useful biomarker for HER2-positive gastric cancer.

要旨
 症例は83歳,女性。多発リンパ節転移,多発肝転移を伴う進行胃癌を指摘された。生検検体のHER2判定は陽性であった。通過障害改善目的の胃空腸バイパス術後に化学療法を開始した。first-lineにS-1+trastuzumab,second-lineとしてirinotecan(CPT-11)+cisplatin+trastuzumab,third-lineとしてdocetaxel+trastuzumabを行った。いずれも一時的には治療効果が得られたが不応となり,1年7か月後に永眠された。経過中,血清HER2-ECD値の増減と治療効果に相関を認めた。血清HER2-ECD値はHER2陽性胃癌の治療効果を反映するバイオマーカーとなる可能性が示唆された。

目次

癌と化学療法 TOPへ
癌と化学療法 41巻4号 2014年4月号トップへ

【症例】

▶血清HER2-ECD値がバイオマーカーとして有用であった進行胃癌の1例…寺川 裕史ほか

このページの先頭へ