現在のカゴの中

商品合計数量:0

商品合計金額:0円

クーポン値引:0円

カゴの中を見る

検索条件

商品カテゴリから探す
出版社から探す
キーワードから探す

電子書籍閲覧リーダーソフトは下記のアイコンをクリックすることによりインストーラをダウンロードすることができます。また、詳しいの電子書籍閲覧方法については「ヘルプページ」をご確認下さい。


原発性十二指腸癌術後再発にCapeOX療法が奏効した1例

電子書籍販売価格(税込):
1,100

商品コード:
11086_13
著者:
宮本 昌武、桐井 靖、高木 洋行
出版社:
癌と化学療法社 出版社HP
発行:
2014年
ページ数:
4ペ-ジ
ファイル容量:
1.29MB


閲覧対応端末:
電子書籍閲覧対応端末


閲覧可能台数:
3台(購入日より1年間ダウンロードが可能)


※電子書籍閲覧方法についての 詳細はこちら

内容紹介

A Case of Primary Duodenal Cancer Recurrence Successfully Treated with CapeOX Therapy

Summary
 A 55-year-old man was admitted to our hospital because of nausea and vomiting. An endoscopic examination and computed tomography(CT)scan revealed a duodenal tumor. A biopsy confirmed a diagnosis of primary duodenal adenocarcinoma. A pancreaticoduodenectomy and partial resection of the ascending colon were performed. Ten months after surgery, we observed lymph node recurrence and peritoneal dissemination. We then introduced capecitabine and oxaliplatin(CapeOX)therapy for treatment of the relapsed disease. A partial response(PR)was observed after 2 courses, and was sustained for 5 months. The patient survived another 1 year and 4 months after disease recurrence. CapeOX therapy can be an effective treatment for primary duodenal cancer.

要旨
 症例は55歳,男性。嘔気,嘔吐を主訴に受診。上部消化管内視鏡検査,CT検査にて原発性十二指腸癌と診断され膵頭十二指腸切除,上行結腸部分切除を施行した。術後10か月に腹膜播種およびリンパ節再発が出現した。CapeOX療法を導入し2コース後よりPRとなり,5か月間のPRを維持し再発後1年4か月の延命を得ることができた。CapeOX療法は原発性十二指腸癌に対する有効な治療法となり得ると考えられた。

目次

癌と化学療法 TOPへ
癌と化学療法 41巻4号 2014年4月号トップへ

【症例】

▶原発性十二指腸癌術後再発にCapeOX療法が奏効した1例…宮本 昌武ほか

このページの先頭へ