現在のカゴの中

商品合計数量:0

商品合計金額:0円

クーポン値引:0円

カゴの中を見る

検索条件

商品カテゴリから探す
出版社から探す
キーワードから探す

電子書籍閲覧リーダーソフトは下記のアイコンをクリックすることによりインストーラをダウンロードすることができます。また、詳しいの電子書籍閲覧方法については「ヘルプページ」をご確認下さい。


自家末梢血幹細胞移植後にNeutropenic Enterocolitisを合併した非Hodgkinリンパ腫

電子書籍販売価格(税込):
1,100

商品コード:
11090_13
著者:
松岡 大輔 ほか
出版社:
癌と化学療法社 出版社HP
発行:
2014年
ページ数:
3ペ-ジ
ファイル容量:
0.97MB


閲覧対応端末:
電子書籍閲覧対応端末


閲覧可能台数:
3台(購入日より1年間ダウンロードが可能)


※電子書籍閲覧方法についての 詳細はこちら

内容紹介

Neutropenic Enterocolitis after Autologous Peripheral Blood Stem Cell Transplantation in Non-Hodgkin's Lymphoma―A Case Report

Summary
 Here we report a case of a 59-year-old man who developed neutropenic enterocolitis(NE)after autologous peripheral blood stem cell transplantation for non-Hodgkin's lymphoma in his second complete remission. Four days after transplantation, the patient suffered from diarrhea, abdominal pain, fever, and paralytic ileus. Abdominal computerized tomography scan revealed bowel wall thickening consistent with NE. Owing to his poor performance status, only medical management, including antibiotics and bowel rest, was administered, and the patient died 18 days after transplantation. Although NE after autologous peripheral blood stem cell transplantation is a relatively rare complication, it is important to be aware that this condition can occur as one of the early complications in stem cell transplantation.

要旨
 症例は59歳,男性。第二寛解期の非Hodgkinリンパ腫に対して自家末梢血幹細胞移植を実施した。移植後day +4より下痢,腹痛,発熱および麻痺性イレウスを合併し,CT所見も含めてneutropenic enterocolitis(NE)と診断した。全身状態悪化のため抗生剤投与,絶食を中心とした保存的治療を行ったがday +18に永眠された。移植後のNEは造血幹細胞移植の合併症として比較的まれであるが,早期合併症の一つとして留意すべきである。

目次

癌と化学療法 TOPへ
癌と化学療法 41巻4号 2014年4月号トップへ

【症例】

▶自家末梢血幹細胞移植後にNeutropenic Enterocolitisを合併した非Hodgkinリンパ腫…松岡 大輔ほか

このページの先頭へ