現在のカゴの中

商品合計数量:0

商品合計金額:0円

クーポン値引:0円

カゴの中を見る

検索条件

商品カテゴリから探す
出版社から探す
キーワードから探す

電子書籍閲覧リーダーソフトは下記のアイコンをクリックすることによりインストーラをダウンロードすることができます。また、詳しいの電子書籍閲覧方法については「ヘルプページ」をご確認下さい。


日本におけるがん検診と前立腺がん検診

電子書籍販売価格(税込):
1,100

商品コード:
11102_13
著者:
垣添 忠生
出版社:
癌と化学療法社 出版社HP
発行:
2014年
ページ数:
6ペ-ジ
ファイル容量:
1.04MB


閲覧対応端末:
電子書籍閲覧対応端末


閲覧可能台数:
3台(購入日より1年間ダウンロードが可能)


※電子書籍閲覧方法についての 詳細はこちら

内容紹介

Cancer Screening in Japan and Prostate Cancer Screening

Summary
 National cancer control programs are structured to include four main areas: prevention, screening, diagnosis and treatment, and palliative care. Cancer screening is particularly important because it helps to reduce medical costs and achieve maximum benefits for both patients and the country. There are many issues with cancer screening in Japan that need a solution, such as low participation rate and lack of sufficient quality control. Prostate cancer screening frequently leads to over-diagnosis and over-treatment, and therefore it should not be part of the 6th national screening program in Japan.

要旨
 がんの本質に根差した日本のがん対策の4本柱を記し,そのなかでがん検診の果たす意義を述べた。日本のがん検診の問題点と,その解決に向けた私見を述べた。前立腺がん検診については,現状では六番目の対策型がん検診として日本に導入するのは時期尚早であることを述べた。

目次

癌と化学療法 TOPへ
癌と化学療法 41巻5号 2014年5月号トップへ

【特集】日本における前立腺癌検診の在り方,PRO & CON

▶日本におけるがん検診と前立腺がん検診…垣添 忠生

このページの先頭へ