現在のカゴの中

商品合計数量:0

商品合計金額:0円

クーポン値引:0円

カゴの中を見る

検索条件

商品カテゴリから探す
出版社から探す
キーワードから探す

電子書籍閲覧リーダーソフトは下記のアイコンをクリックすることによりインストーラをダウンロードすることができます。また、詳しいの電子書籍閲覧方法については「ヘルプページ」をご確認下さい。


PROS―泌尿器科臨床医からみた適切な前立腺癌検診の方向性―

電子書籍販売価格(税込):
1,100

商品コード:
11103_13
著者:
伊藤 一人
出版社:
癌と化学療法社 出版社HP
発行:
2014年
ページ数:
8ペ-ジ
ファイル容量:
1.29MB


閲覧対応端末:
電子書籍閲覧対応端末


閲覧可能台数:
3台(購入日より1年間ダウンロードが可能)


※電子書籍閲覧方法についての 詳細はこちら

内容紹介

Future Perspectives on Screening for Prostate Cancer―An Experienced Urologist's Viewpoint

Summary
 Recently, large prospective randomized controlled trials, the European Randomized Study of Screening for Prostate Cancer(ERSPC)and the Göteborg study, revealed that prostate specific antigen(PSA)-based screening can reduce mortality due to prostate cancer. In the Göteborg study, the reduction in mortality in the screening group during the median 14 years of follow-up was very high at 44%, based on intention-to-screen analysis. The merits of introducing PSA-based screening could be mortality reduction and prevention of progression to metastatic disease, which could decrease patient quality of life(QOL). Furthermore, the impact of screening for prostate cancer on mortality reduction was not inferior to that of the other population-based cancer screening program conducted in Japan, at the least. Therefore, PSA-based screening should be undertaken both as part of population-based screening and as part of opportunistic screening in Japan. However, as disadvantages, some participants in the screening program might be at risk of overdetection and overtreatment. Therefore, providing a fact sheet for prostate cancer screening and an optimal screening system with more accurate detection methods, minimally invasive treatment, and an active surveillance strategy, which minimizes overdetection, overtreatment, and a compromise in QOL due to treatment, would be very important issues to address for PSA screening. Although the merits of screening for prostate cancer would increase and the disadvantages would decrease in future, with the progress in diagnostic modalities and treatment strategies, it is crucial that PSA-based screening be conducted in accordance with well-balanced guidelines published by the Japanese Urological Association.

要旨
 前立腺特異抗原(prostate specific antigen: PSA)検査を用いた前立腺癌検診は,無作為化比較対照試験(randomized controlled trial: RCT)によって癌死亡率低下効果が確定された。前立腺癌検診研究で最も重要なエビデンスの一つであるイエテボリ研究では中央値14年間の観察により,intention-to-screen解析で検診群はコントロール群に比べ44%の死亡率低下効果が証明された。PSA検診の利益は,明らかな転移癌進展抑制と死亡率低下であり,他の癌検診と比較してもその重要性は劣るところはなく,すべての住民検診や人間ドックなどで受診機会を均てん化させるべきである。一方で検診受診により,一部の受診者は過剰診断・過剰治療などの不利益を被るリスクがあるため,死亡率低下効果が明らかになった検診であっても,検診受診前の正しい情報提供と最適な検診システムの整備が同時に重要である。検診の不利益に関してはPSAを補完する新しい腫瘍マーカーの開発が進んでおり,低侵襲治療が普及し,PSA監視療法の標準化によって将来少なくなると期待されている。現時点では「前立腺癌検診の利益と不利益を啓発した上で,希望者に対して最適な前立腺癌検診システムを提供する」との日本泌尿器科学会の基本方針に沿って,検診を正しく普及することが重要である。

目次

癌と化学療法 TOPへ
癌と化学療法 41巻5号 2014年5月号トップへ

【特集】日本における前立腺癌検診の在り方,PRO & CON

▶PROS―泌尿器科臨床医からみた適切な前立腺癌検診の方向性―…伊藤 一人

このページの先頭へ