現在のカゴの中

商品合計数量:0

商品合計金額:0円

クーポン値引:0円

カゴの中を見る

検索条件

商品カテゴリから探す
出版社から探す
キーワードから探す

電子書籍閲覧リーダーソフトは下記のアイコンをクリックすることによりインストーラをダウンロードすることができます。また、詳しいの電子書籍閲覧方法については「ヘルプページ」をご確認下さい。


CONs

電子書籍販売価格(税込):
1,100

商品コード:
11104_13
著者:
祖父江友孝
出版社:
癌と化学療法社 出版社HP
発行:
2014年
ページ数:
5ペ-ジ
ファイル容量:
1.20MB


閲覧対応端末:
電子書籍閲覧対応端末


閲覧可能台数:
3台(購入日より1年間ダウンロードが可能)


※電子書籍閲覧方法についての 詳細はこちら

内容紹介

CONs

Summary
 In 2012, USA Preventive Services Task Force revised the guidelines for prostate cancer screening and recommended against prostate specific antigen(PSA)-based screening for prostate cancer for all age groups. This revision had a great impact worldwide. Immediately after the announcement, many expert societies expressed disagreement with this revision, but some of these have gradually come to accept it. When multiple organizations develop guidelines for a particular topic, the recommendations may differ. In this regard, the“standards for developing trustworthy clinical practice guidelines”presented in the report by the Institute of Medicine, will be helpful. The number of cases and the incidence rates of prostate cancer have been rapidly increasing in Japan, especially in the elderly population. Accordingly, sufficient information needs to be provided for appropriate decision-making, considering the balance between the risks and benefits, if cancer screening in the elderly population is to be implemented.

要旨
 USPSTFが2012年に前立腺がん検診ガイドラインを改訂し,全年齢についてPSA検診を受けないことを推奨すると公表して以来,世界的に大きな影響がでている。直後は反対する反応が多かったが,その後,この改訂を容認する動きがでている。複数の機関がガイドラインを作成した場合,推奨の内容が異なることがあるが,ガイドラインの質を評価するためにIOMが示す「信頼される診療ガイドラインを作成するための8基準」が参考になる。わが国の前立腺がんの罹患率・数は急激な増加傾向にあり,特に高齢者において著しい。今後,高齢者に対するがん検診は,利益・不利益バランスを考慮して適切な判断が可能な情報を提供する必要がある。

目次

癌と化学療法 TOPへ
癌と化学療法 41巻5号 2014年5月号トップへ

【特集】日本における前立腺癌検診の在り方,PRO & CON

▶CONs…祖父江友孝

このページの先頭へ