現在のカゴの中

商品合計数量:0

商品合計金額:0円

クーポン値引:0円

カゴの中を見る

検索条件

商品カテゴリから探す
出版社から探す
キーワードから探す

電子書籍閲覧リーダーソフトは下記のアイコンをクリックすることによりインストーラをダウンロードすることができます。また、詳しいの電子書籍閲覧方法については「ヘルプページ」をご確認下さい。


化学療法後に根治切除を行った腹膜播種を伴う根治切除不能あるいは切除困難な進行・再発大腸癌症例の検討

電子書籍販売価格(税込):
1,100

商品コード:
11112_13
著者:
溝田志乃里 ほか
出版社:
癌と化学療法社 出版社HP
発行:
2014年
ページ数:
6ペ-ジ
ファイル容量:
1.08MB


閲覧対応端末:
電子書籍閲覧対応端末


閲覧可能台数:
3台(購入日より1年間ダウンロードが可能)


※電子書籍閲覧方法についての 詳細はこちら

内容紹介

Estimation of Peritoneal Dissemination in Patients with Unresectable Advanced or Recurrent Colorectal Cancer who Underwent Curative Resection after Combination Chemotherapy

Summary
 In a group of 209 colorectal cancer patients with unresectable tumors, 10 patients underwent curative resection after combination chemotherapy at our hospital between 2006 and 2012. Of these 10 patients, 5 presented with peritoneal dissemination at the start of chemotherapy. With the exception of 1 patient with peritoneal recurrence, peritoneal dissemination and liver metastasis were observed in all patients at the time of diagnosis of colorectal cancer. Computed tomography(CT)and/or positron emission tomography-CT examination revealed disappearance of peritoneal dissemination in response to chemotherapy, except in 1 patient with peritoneal recurrence. After combination chemotherapy, surgical resection of liver metastases and peritoneal dissemination was performed. Pathological and intraoperative findings indicated disappearance of peritoneal dissemination in 3 patients and P2 grade peritoneal dissemination in 1 patient. In the patient with peritoneal recurrence, 1 tumor was completely resected. Interestingly, none of the 3 patients that exhibited complete disappearance of peritoneal dissemination showed peritoneal recurrence, although 1 patient exhibited metastases in the lung and non-regional lymph nodes. In contrast, the patient with P2 grade peritoneal dissemination showed peritoneal recurrence and lung metastasis. All 5 patients survived(duration from diagnosis of colorectal cancer, 31-83 months). Herein, we report the use of combination chemotherapy to achieve the disappearance of peritoneal dissemination, changing unresectable colorectal cancer with peritoneal dissemination into resectable cancer.

要旨
 当院で2006~2012年に根治切除不能または切除困難な進行・再発大腸癌として化学療法が導入された209例中,根治切除が可能となった症例は10例であった。そのうち,化学療法開始時に腹膜播種が存在した症例は5例であった。原発巣根治切除後の腹膜再発の1例を除き,4例は原発巣切除時に腹膜播種が存在し同時性肝転移を伴っていた。化学療法導入後に肝転移切除・腹膜播種切除が行われた。腹膜再発の1例を除き,4例は術前画像診断でP0となっていた。手術時所見は3例で腹膜播種が消失し,1例はP2であった。腹膜再発の1例は画像診断どおり1か所の腹膜再発であった。腹膜播種がCRとなって消失していた3例中1例は他臓器転移が出現したが,3例とも腹膜再発は認めていない。一方,P2であった症例は術後9か月目に腹膜再発と肺転移を来した。大腸癌診断時からの生存期間は31~83か月で,全例生存中である。多剤併用化学療法により,腹膜播種が消失し根治切除手術可能となる症例が存在することが明らかとなった。

目次

癌と化学療法 TOPへ
癌と化学療法 41巻5号 2014年5月号トップへ

【原著】

▶化学療法後に根治切除を行った腹膜播種を伴う根治切除不能あるいは切除困難な進行・再発大腸癌症例の検討…溝田志乃里ほか

このページの先頭へ