現在のカゴの中

商品合計数量:0

商品合計金額:0円

クーポン値引:0円

カゴの中を見る

検索条件

商品カテゴリから探す
出版社から探す
キーワードから探す

電子書籍閲覧リーダーソフトは下記のアイコンをクリックすることによりインストーラをダウンロードすることができます。また、詳しいの電子書籍閲覧方法については「ヘルプページ」をご確認下さい。


がん診療連携拠点病院に勤務する医師の「高額医療」と「限度額適用認定証」の認識

電子書籍販売価格(税込):
1,100

商品コード:
11114_13
著者:
薬師神芳洋 ほか
出版社:
癌と化学療法社 出版社HP
発行:
2014年
ページ数:
6ペ-ジ
ファイル容量:
1.53MB


閲覧対応端末:
電子書籍閲覧対応端末


閲覧可能台数:
3台(購入日より1年間ダウンロードが可能)


※電子書籍閲覧方法についての 詳細はこちら

内容紹介

Awareness about Medical Expenses and Certifications of Eligibility for Limited Health Insurance Payments for Chemotherapy among Clinicians at the Ehime Cancer Care Network Priority Hospitals(Ehime Cancer Kyoten Hospitals)

Summary
 The“Cancer Chemotherapy and its Management”subcommittee at the Ehime Cancer Care Network Priority Hospitals(Ehime Cancer Kyoten Hospitals)with a focus on medical expenses associated with chemotherapy, surveyed awareness among 98 clinicians regarding certifications of eligibility for Limited Health Insurance Payments during cancer treatment. This committee also lists social and clinical problems encountered at the Ehime Cancer Care Network Priority Hospitals. In our survey, 78% of clinicians were consulted about medical expenses associated with chemotherapy and were actively involved in resolving medical expense problems and resulting correspondences. However, only 38% of clinicians could explain the details of the Japanese guideline on the catastrophic cap and the certifications of eligibility for Limited Health Insurance Payments. This knowledge deficit was more pronounced in younger residents. From our analyses of the awareness about medical expenses among clinicians, we recommend the establishment of the following systems for the management of cancer patients. First, establish a reporting system and early consultation on the catastrophic cap and the certifications of eligibility before initiating cancer treatment. Second, education regarding medical expenses should be mandatory for clinicians, especially for young residents. Third, patients with cancer suffering in the interval of the medical expense and the social system should be relieved with new systems.

要旨
 愛媛県がん診療連携拠点病院協議会「がんの集学的治療に関する分科会」は高額な医療費に焦点を当て,愛媛県のがん診療連携拠点病院でがん診療に携わる医師(n=98)に無作為・無記名のアンケートを配布し,「高額医療費」ならびに「限度額適用認定証」についての認識を調査集計した。その結果,医師の78%が日々の診療中がん診療で生じる高額な医療費の相談を受けており,個々で対応を行っていた。しかし,独自に「限度額適用認定証」の説明ができる医師は38%にすぎず,これは研修医に著しい。さらに今回の調査から,① 高額医療費(限度額適用認定証)を治療前早期に説明するツール・システムの確立,② 特に研修医に対して限度額適用認定証を理解させる教育,③ 制度の狭間にあるがん患者(初期治療で8万円の医療費を超えない患者,長期に継続して支払いが必要な患者など)の救済が重要であると考えられた。

目次

癌と化学療法 TOPへ
癌と化学療法 41巻5号 2014年5月号トップへ

【医事】

▶がん診療連携拠点病院に勤務する医師の「高額医療」と「限度額適用認定証」の認識…薬師神芳洋ほか

このページの先頭へ