現在のカゴの中

商品合計数量:0

商品合計金額:0円

クーポン値引:0円

カゴの中を見る

検索条件

商品カテゴリから探す
出版社から探す
キーワードから探す

電子書籍閲覧リーダーソフトは下記のアイコンをクリックすることによりインストーラをダウンロードすることができます。また、詳しいの電子書籍閲覧方法については「ヘルプページ」をご確認下さい。


閉鎖式薬物混合システムを使用したシクロホスファミドの調製時間短縮とコスト節減への検証

電子書籍販売価格(税込):
1,100

商品コード:
11115_13
著者:
池野 洋平、有井 大介、中島 博史、室岡 邦彦、野島美知夫、木所 昭夫
出版社:
癌と化学療法社 出版社HP
発行:
2014年
ページ数:
5ペ-ジ
ファイル容量:
1.37MB


閲覧対応端末:
電子書籍閲覧対応端末


閲覧可能台数:
3台(購入日より1年間ダウンロードが可能)


※電子書籍閲覧方法についての 詳細はこちら

内容紹介

Verification of Reduction in Preparation Time and Cost of Cyclophosphamide When Using the Closed-System Drug Transfer Device

Summary
 The closed-system transfer device(CSTD), which is used to prevent the exposure of medical staff to anticancer drugs, has been reported to allow safe preparation and administration of these drugs to patients. At many medical institutions, however, the use of such devices is limited to select anticancer drugs. This could be attributable to the longer preparation time compared to the conventional injection technique with a syringe and needle, as well as the fact that the anticancer drugs are too expensive to be covered by the remuneration available for medical services. Against this background, we measured the time required to prepare cyclophosphamide(CPA)and estimated the cost incurred. Our results indicated that the preparation time for either a single dose of 100 mg CPA or a combination of 100 mg CPA and 500 mg of another drug(100 mg+500 mg group)was significantly longer than that for 500 mg of a single drug. On the other hand, use of a CSTD reduced the total cost(drug cost+CSTD cost)on switching to a single dose of 500 mg, resulting in a 5-year savings as follows: 3,755,217 yen for ChemoCLAVE®, 6,302,622 yen for PhaSeal®, and 2,698,451 yen for Chemosafe®. These findings suggest that the appropriate selection of drugs, including a large standard dose of CPA, allows shortened preparation time and reduced total drug cost as well as CSTD cost.

要旨 医療従事者に対する抗がん薬曝露対策として,閉鎖式薬物混合システム(CSTD)の使用により,安全に調製や投与が行えることが報告されている。しかし,多くの施設では一部の抗がん薬にしか使用されていない。原因は,注射針とシリンジを使用する従来法と比較して調製時間が長くなることや,当該製品が高価であり診療報酬だけでは賄えないことがあげられる。これらの現状を踏まえて,シクロホスファミド(CPA)の調製にCSTDを使用した場合の実際の調製時間を測定し,コストを試算した。その結果,100 mg製剤単独使用または500 mg製剤との併用(100 mg製剤併用群)の調製時間は,500 mg製剤単独群と比較して有意に時間を要した。一方,CPA薬価とCSTD費を合計したコストは500 mg製剤のみの使用へ切り替えることで,5年間でCSTDであるChemoCLAVE® 3,755,217円,PhaSeal® 6,302,622円,ケモセーフ® 2,698,451円が節減された。CPAの大容量規格製剤を含め,規格選択を適正に行うことで調製時間を短縮でき,CSTDを加味したコストの節減が可能であると考えられる。

目次

癌と化学療法 TOPへ
癌と化学療法 41巻5号 2014年5月号トップへ

【薬事】

▶閉鎖式薬物混合システムを使用したシクロホスファミドの調製時間短縮とコスト節減への検証…池野 洋平ほか

このページの先頭へ