現在のカゴの中

商品合計数量:0

商品合計金額:0円

クーポン値引:0円

カゴの中を見る

検索条件

商品カテゴリから探す
出版社から探す
キーワードから探す

電子書籍閲覧リーダーソフトは下記のアイコンをクリックすることによりインストーラをダウンロードすることができます。また、詳しいの電子書籍閲覧方法については「ヘルプページ」をご確認下さい。


肺癌との鑑別が困難であった原発不明癌(Extragonadal Germ Cell Cancer Syndrome)の1例

電子書籍販売価格(税込):
1,100

商品コード:
11118_13
著者:
田中 陽子 ほか
出版社:
癌と化学療法社 出版社HP
発行:
2014年
ページ数:
5ペ-ジ
ファイル容量:
1.27MB


閲覧対応端末:
電子書籍閲覧対応端末


閲覧可能台数:
3台(購入日より1年間ダウンロードが可能)


※電子書籍閲覧方法についての 詳細はこちら

内容紹介

A Case of Primary Unknown Cancer Difficult to Distinguish from Lung Cancer

Summary
 A 26-year-old man was admitted to our hospital with dyspnea, fever, and weight loss. A chest X-ray showed multiple tumor shadows, and a computed tomography(CT)scan showed swelling of the mediastinal and hilar lymph nodes, a mass in the retroperitoneum, and an embolus in the inferior vena cava. A biopsy from the left cervical lymph node revealed a poorly differentiated adenocarcinoma. Metastatic lung cancer was suspected, but in spite of the examinations, its primary site was unknown. Serum alfa-fetoprotein(AFP)was slightly elevated, but an AFP stain of the tumor was negative. The patient's respiratory failure rapidly worsened, and therefore, additional examinations could not be performed. The patient received chemotherapy with carboplatin and paclitaxel. His condition improved, but the tumor increased in size after 5 courses of chemotherapy. He received chemotherapy with docetaxel as second-line treatment, but it was not effective. The third-line chemotherapy regimen with carboplatin and gemcitabine was effective. In total, he received 7 lines of chemotherapy, and he lived for approximately 12 months since receiving the first chemotherapy regimen. After he died, we were able to perform OCT-4 immunohistochemistry on a tumor biopsy specimen from the lymph node, which came back positive for OCT-4. Therefore, we made a final diagnosis of extragonadal germ cell cancer syndrome.

要旨
 症例は26歳,男性。発熱,腰痛,労作時呼吸困難,体重減少にて近医を受診。胸部X線上両肺野の多発腫瘤影を指摘され,当科紹介となった。胸腹部CTにて大小不同の多発腫瘤影,縦隔・肺門リンパ節腫脹,後腹膜腫瘤を認め,下大静脈内に塞栓が疑われた。左頸部リンパ節生検にて低分化腺癌と診断された。転移性肺癌が疑われたが,原発巣は不明であった。入院後急速に呼吸状態が悪化し,十分な検索ができない状況で肺癌,原発不明癌両方の可能性を考えcarboplatinとpaclitaxelを投与した。投与後いったん全身状態は改善したが,病勢は増悪・寛解を繰り返した。carboplatinとpaclitaxelが奏効したことから肺癌に準じて七次治療まで行い,診断から約12か月間生存した。血中AFP値は軽度上昇していたが,組織は腺癌で,AFP染色は陰性であった。しかし,後に追加した染色でOCT-4が陽性となり,最終的に原発不明癌(extragonadal germ cell cancer syndrome)と診断した。

目次

癌と化学療法 TOPへ
癌と化学療法 41巻5号 2014年5月号トップへ

【症例】

▶肺癌との鑑別が困難であった原発不明癌(Extragonadal Germ Cell Cancer Syndrome)の1例…田中 陽子ほか

このページの先頭へ