現在のカゴの中

商品合計数量:0

商品合計金額:0円

クーポン値引:0円

カゴの中を見る

検索条件

商品カテゴリから探す
出版社から探す
キーワードから探す

電子書籍閲覧リーダーソフトは下記のアイコンをクリックすることによりインストーラをダウンロードすることができます。また、詳しいの電子書籍閲覧方法については「ヘルプページ」をご確認下さい。


転移巣切除後に化学療法を行った乳癌巨大卵巣転移の1例

電子書籍販売価格(税込):
1,100

商品コード:
11119_13
著者:
八木 康道、前多 力、吉光 裕、佐久間 寛
出版社:
癌と化学療法社 出版社HP
発行:
2014年
ページ数:
3ペ-ジ
ファイル容量:
1.10MB


閲覧対応端末:
電子書籍閲覧対応端末


閲覧可能台数:
3台(購入日より1年間ダウンロードが可能)


※電子書籍閲覧方法についての 詳細はこちら

内容紹介

A Case of Breast Cancer Treated with Chemotherapy after Resection of Giant Ovarian Metastasis

Summary
 A 49-year-old female patient presented with lower abdominal pain and constipation. Computed tomography revealed left breast cancer with lymph node metastases, a peritoneal metastasis, bilateral hydronephrosis, and ovarian metastasis. The giant ovarian metastasis occupied the pelvic cavity and was responsible for her symptoms of digestive obstruction. Both ovaries were resected as a palliative measure. Three cycles of weekly paclitaxel were successfully administered, leading to the disappearance of malignant ascites. Hence, reduction surgery for ovarian metastasis in the treatment of breast cancer increased the effectiveness of the chemotherapy by improving the patient's general condition.

要旨
 症例は49歳,便秘と下腹部痛を主訴に当院を受診し,CTで左乳癌,リンパ節転移,癌性腹膜炎・両側水腎症,卵巣転移と診断された。骨盤腔を占める巨大卵巣転移による消化管閉塞に対し,症状緩和目的に両側卵巣切除を行った。術後,weekly paclitaxel療法を3コース施行後に腹水は完全に消失し,食事摂取可能となった。消化管閉塞を伴う乳癌卵巣転移に対する減量手術は,症状の改善により化学療法の実施が可能となる症例に有効である。

目次

癌と化学療法 TOPへ
癌と化学療法 41巻5号 2014年5月号トップへ

【症例】

▶転移巣切除後に化学療法を行った乳癌巨大卵巣転移の1例…八木 康道ほか

このページの先頭へ