現在のカゴの中

商品合計数量:0

商品合計金額:0円

クーポン値引:0円

カゴの中を見る

検索条件

商品カテゴリから探す
出版社から探す
キーワードから探す

電子書籍閲覧リーダーソフトは下記のアイコンをクリックすることによりインストーラをダウンロードすることができます。また、詳しいの電子書籍閲覧方法については「ヘルプページ」をご確認下さい。


S-1/CDDP術前化学療法にて組織学的CRが得られた進行胃癌の1例

電子書籍販売価格(税込):
1,100

商品コード:
11121_13
著者:
中野 明、遠藤 正人、平山 信男、赤井 崇、松原 久裕
出版社:
癌と化学療法社 出版社HP
発行:
2014年
ページ数:
3ペ-ジ
ファイル容量:
1.26MB


閲覧対応端末:
電子書籍閲覧対応端末


閲覧可能台数:
3台(購入日より1年間ダウンロードが可能)


※電子書籍閲覧方法についての 詳細はこちら

内容紹介

A Case of Advanced Gastric Cancer with Para-Aortic Lymph Node Metastases Responding to S-1/CDDP Chemotherapy That Leads to a Pathological Complete Response

Summary
 A 66-year-old man complaining of epigastralgia was referred to our hospital. We examined the patient and diagnosed advanced gastric cancer(ML, type 3, por, cT3, cN3, cH0, cP0, cM1[LYM], cStageⅣ). A poor outcome was predicted, so we attempted induction chemotherapy and expected tumor downstaging. We chose S-1/CDDP therapy. S-1 was administered orally for 21 days, followed by CDDP div on day 8. Total gastrectomy and lymph node dissection(D2+No. 12a, No. 13,16)was performed using Roux-en-Y reconstruction. Histological examination of the resected stomach and lymph nodes revealed no residual cancer cells, suggesting complete histological remission(grade 3)according to the Japanese classification of gastric carcinoma. The patient has been in good health without recurrence for 12 months after surgery.

要旨
 S-1/cisplatin(CDDP)併用療法による術前化学療法が著効し,手術にて組織学的complete response(完全奏効: CR)を得た進行胃癌の1例を経験した。患者は66歳,男性。術前画像検査で胃体上部の3型進行胃癌,胃小弯から腹腔動脈周囲に腫大して一塊となったリンパ節を認め,大動脈周囲リンパ節も多数腫大を認め,cStageはcT3N3M1(LYM),cStageⅣであった。S-1/CDDP併用による術前化学療法を施行し主病変とリンパ節転移の著明な縮小を認め,胃全摘術,胆嚢および脾臓摘出術,リンパ節郭清を施行した。病理学的には主病変およびリンパ節にviableな癌細胞は確認できず,組織学的CRと診断した。

目次

癌と化学療法 TOPへ
癌と化学療法 41巻5号 2014年5月号トップへ

【症例】

▶S-1/CDDP術前化学療法にて組織学的CRが得られた進行胃癌の1例…中 野  明ほか

このページの先頭へ