現在のカゴの中

商品合計数量:0

商品合計金額:0円

クーポン値引:0円

カゴの中を見る

検索条件

商品カテゴリから探す
出版社から探す
キーワードから探す

電子書籍閲覧リーダーソフトは下記のアイコンをクリックすることによりインストーラをダウンロードすることができます。また、詳しいの電子書籍閲覧方法については「ヘルプページ」をご確認下さい。


胃癌術後3年6か月目に多発皮膚転移を来した1例

電子書籍販売価格(税込):
1,100

商品コード:
11122_13
著者:
寺川裕史 ほか
出版社:
癌と化学療法社 出版社HP
発行:
2014年
ページ数:
4ペ-ジ
ファイル容量:
1.19MB


閲覧対応端末:
電子書籍閲覧対応端末


閲覧可能台数:
3台(購入日より1年間ダウンロードが可能)


※電子書籍閲覧方法についての 詳細はこちら

内容紹介

Report of a Gastric Adenocarcinoma Patient Who Developed Multiple Skin Metastasis after Gastrectomy

Summary
 A 59-year-old man with gastric cancer underwent a total gastrectomy with splenectomy and D2 lymph node dissection. Pathological findings after the first operation were as follows: ML, AntLess, type 3, por, pT3, ly1, v0, and M, Post, 0-Ⅱc, tub1, pT1b2, ly0, v0, pN2M0P0H0, pStage ⅢA. At 3 years and 6 months after the operation, multiple small nodules were noted on the skin of his face, neck, body, and arms. Biopsy of a skin lesion indicated that it was a metastatic skin cancer resulting from an adenocarcinoma. Thus, we diagnosed the lesions as skin metastases originating from an adenocarcinoma of the stomach. We also detected the presence of multiple metastases to the bone and lymph nodes, and we have treated the patient with chemotherapy. Metastases to the umbilicus from gastric cancer are termed as Sister Mary Joseph's nodules(SMJN). Although cases of SMJN are often reported, cases of multiple metastases from gastric cancer, without invasion to the umbilicus, are rare.

要旨
 症例は59歳,男性。進行胃癌に対し,胃全摘術(D2郭清,脾合切)を施行した。病理診断は多発胃癌で病変は2か所あり,ML,AntLess,type 3,por,pT3,ly1,v0およびM,Post,0-Ⅱc,tub1,pT1b2,ly0,v0,pN2M0P0H0,pStage ⅢAであった。術後3年6か月目に,顔面,頸部,体幹,上肢に小結節が多数出現した。皮膚結節の生検では胃癌の転移に矛盾しない所見であり,胃癌多発皮膚転移と診断した。さらに多発骨転移・リンパ節転移を認め,化学療法を行っている。胃癌の皮膚転移部位は,臍部,いわゆるSister Mary Joseph's noduleが最多であるが,それ以外の部位に多発する症例はまれである。

目次

癌と化学療法 TOPへ
癌と化学療法 41巻5号 2014年5月号トップへ

【症例】

▶胃癌術後3年6か月目に多発皮膚転移を来した1例…寺川 裕史ほか

このページの先頭へ