現在のカゴの中

商品合計数量:0

商品合計金額:0円

クーポン値引:0円

カゴの中を見る

検索条件

商品カテゴリから探す
出版社から探す
キーワードから探す

電子書籍閲覧リーダーソフトは下記のアイコンをクリックすることによりインストーラをダウンロードすることができます。また、詳しいの電子書籍閲覧方法については「ヘルプページ」をご確認下さい。


S-1/CDDP療法後の五次化学療法としてCapecitabine/CDDP療法が有効であった胃癌肝転移の1例

電子書籍販売価格(税込):
1,100

商品コード:
11123_13
著者:
須浪 毅、田内 潤、坂下 克也、雪本 清隆、澤田 隆吾、阪本 一次
出版社:
癌と化学療法社 出版社HP
発行:
2014年
ページ数:
3ペ-ジ
ファイル容量:
1.09MB


閲覧対応端末:
電子書籍閲覧対応端末


閲覧可能台数:
3台(購入日より1年間ダウンロードが可能)


※電子書籍閲覧方法についての 詳細はこちら

内容紹介

A Case of S-1/CDDP-Resistant Recurrent Gastric Cancer Responsive to Capecitabine/CDDP

Summary
 We present a case of recurrent gastric cancer in which stable disease status was achieved for four months due to treatment with capecitabine/cisplatin(CDDP)after the failure of multiple anticancer drugs including S-1/CDDP. A 67-year-old man was diagnosed with multiple liver metastases one year after distal gastrectomy+D2 dissection for gastric cancer. S-1/CDDP was given as the first-line treatment, followed by paclitaxel(PTX), irinotecan(CPT-11), and docetaxel(DOC). The tumor in the anterior segment of the liver was resistant to all of these chemotherapies except for PTX, which is why the regimens were changed. However, this tumor shrank and achieved stable disease status for four months after capecitabine/CDDP therapy given as fifth-line treatment. Our case suggests that S-1 and capecitabine do not always exhibit cross-resistance. Therefore, capecitabine may be effective in S-1-pretreated patients, and vice versa.

要旨
 今回,S-1/cisplatin(CDDP)を含む多剤耐性となった胃癌術後の多発性肝転移に対してcapecitabine/CDDPを投与し,SDながら約4か月にわたる縮小効果を認めた症例を経験したので,若干の文献的考察を加えて報告する。症例は67歳,男性。2010年6月に胃癌に対して幽門側胃切除術,D2郭清を施行。2011年5月のCTにて,肝外側域,内側域,前区域に肝腫瘍を認め,多発性肝転移と診断し化学療法を開始した。S-1/CDDP,paclitaxel(PTX),irinotecan(CPT-11),docetaxel(DOC)による治療を施行し,外側域の腫瘍は一貫して縮小,内側域の腫瘍もDOC以外には縮小効果を認めた。一方,前区域の腫瘍はPTX以外のいずれにも抵抗を示した。しかし五次治療のcapecitabine/CDDPに対しては,SDながら縮小効果を示し,約4か月間奏効した。S-1/capecitabineはともにFU系抗癌剤であるが,必ずしも交叉耐性を示すとは限らず,いずれも投与の機会を考慮すべきである。

目次

癌と化学療法 TOPへ
癌と化学療法 41巻5号 2014年5月号トップへ

【症例】

▶S-1/CDDP療法後の五次化学療法としてCapecitabine/CDDP療法が有効であった胃癌肝転移の1例…須 浪  毅ほか

このページの先頭へ