現在のカゴの中

商品合計数量:0

商品合計金額:0円

クーポン値引:0円

カゴの中を見る

検索条件

商品カテゴリから探す
出版社から探す
キーワードから探す

電子書籍閲覧リーダーソフトは下記のアイコンをクリックすることによりインストーラをダウンロードすることができます。また、詳しいの電子書籍閲覧方法については「ヘルプページ」をご確認下さい。


Gemcitabine/S-1による術前化学療法が奏効しR0手術を施行し得た局所進行膵尾部腺扁平上皮癌の1例

電子書籍販売価格(税込):
1,100

商品コード:
11128_13
著者:
住吉 宏樹,松下 晃,中村 慶春,山初 和也,勝野 暁,内田 英二
出版社:
癌と化学療法社 出版社HP
発行:
2014年
ページ数:
4ペ-ジ
ファイル容量:
1.13MB


閲覧対応端末:
電子書籍閲覧対応端末


閲覧可能台数:
3台(購入日より1年間ダウンロードが可能)


※電子書籍閲覧方法についての 詳細はこちら

内容紹介

Radical Resection of a Locally Advanced Pancreatic Tail Adenosquamous Carcinoma Treated with S-1 and Gemcitabine as Neoadjuvant Chemotherapy―A Case Report

Summary
 We report a case of locally advanced pancreatic tail adenosquamous carcinoma that was treated by performing R0 resection after neoadjuvant chemotherapy with S-1 and gemcitabine. A 75-year-old man visited our hospital because of left lateral abdominal pain. On the basis of computed tomography and endoscopic biopsy findings, an 80-mm locally advanced pancreatic tail carcinoma with direct invasion to the gastric upper body, splenic flexure of the colon, and left kidney was diagnosed. Combined chemotherapy with S-1 and gemcitabine was initiated for reduction in the tumor size. After 11 courses of treatment, computed tomography revealed a partial response in tumor size reduction. Grade 3 neutropenia was observed as an adverse event. Distal pancreatectomy, proximal gastrectomy, partial resection of the descending colon, resection of the left kidney and left adrenal gland, and D2 lymph node dissection were performed. The pathological diagnosis was adenosquamous carcinoma in the pancreatic tail, and an R0 resection was achieved. However, a month after surgery, multiple distant liver metastases were observed. Neoadjuvant chemotherapy with S-1 and gemcitabine may reduce the tumor size in locally advanced pancreatic tail adenosquamous carcinoma and increase the R0 resection rate. However, treatment for distant metastasis is warranted in cases of pancreatic adenosquamous carcinoma.

要旨
 症例は75歳,男性。左側腹部痛を主訴に受診した。腹部CT検査にて膵尾部に80 mm大の辺縁不整な腫瘤を認め,胃,結腸,左腎に直接浸潤を認めた。局所進行膵尾部癌(cT4N1M0)と診断し,gemcitabine/S-1による化学療法を開始した。11コース終了後に直接浸潤(胃,結腸,左腎)は認めるが,腫瘍径は59 mm大まで縮小し,FDG-PET検査で遠隔転移を認めなかったため手術を施行した。膵体尾部切除,噴門側胃切除,結腸部分切除,左腎,副腎摘出,D2リンパ節郭清術を施行し,R0手術を施行し得た。病理学的検査では腺扁平上皮癌であった。術後経過は良好であったが,1か月後の腹部CT検査にて多発肝転移を認めた。膵腺扁平上皮癌は膵癌のなかでもまれな疾患であり,治療抵抗性とされる。今回,局所進行膵腺扁平上皮癌に対し,術前化学療法が奏効しR0手術を施行し得た症例を経験したため若干の文献的考察を加えて報告する。

目次

癌と化学療法 TOPへ
癌と化学療法 41巻5号 2014年5月号トップへ

【症例】

▶Gemcitabine/S-1による術前化学療法が奏効しR0手術を施行し得た局所進行膵尾部腺扁平上皮癌の1例…住吉 宏樹ほか

このページの先頭へ