現在のカゴの中

商品合計数量:0

商品合計金額:0円

クーポン値引:0円

カゴの中を見る

検索条件

商品カテゴリから探す
出版社から探す
キーワードから探す

電子書籍閲覧リーダーソフトは下記のアイコンをクリックすることによりインストーラをダウンロードすることができます。また、詳しいの電子書籍閲覧方法については「ヘルプページ」をご確認下さい。


G-CSF適正使用ガイドライン(2013年版)の概要

電子書籍販売価格(税込):
1,100

商品コード:
11138_13
著者:
木浦 勝行
出版社:
癌と化学療法社 出版社HP
発行:
2014年
ページ数:
4ペ-ジ
ファイル容量:
0.99MB


閲覧対応端末:
電子書籍閲覧対応端末


閲覧可能台数:
3台(購入日より1年間ダウンロードが可能)


※電子書籍閲覧方法についての 詳細はこちら

内容紹介

Overview of Guidelines for Proper Use of the G-CSF(2013 Edition): Katsuyuki Kiura

Summary
 Guidelines for proper use of the G-CSF(2001 edition)by the Japan Society of Clinical Oncology have been revised the first time in 12 years. The differences between the first edition and the new one are as follows: The new guidelines(2013 edition)adopted the clinical question format, and used the level of evidence and recommendation grades, along with the Handbook of Clinical Guidelines of Minds(2007 edition). There are relatively few evidence-based randomized controlled trials(RCTs)that can inform G-CSF use in Japan at present. Thus, we had to select the evidence from RCTs conducted in Europe and the USA when setting the recommendation level. Guidelines from Europe and the USA were also referred to; however, because the incidence of febrile neutropenia(FN)is presumed to differ between Japan and the USA/Europe, the clinical trials conducted in Japan were investigated as much as possible. New chapters on topics such as biosimilars, pegfilgrastim(domestic non-release), and the dosage and method of G-CSF administration(medical insurance in Japan)were added. The chemotherapy regimen-specific incidence of FN in Japan for primary prophylactic G-CSF administration and G-CSF use in hematological malignancy were described in detail. Nurses, pharmacists, and medical doctors participated in guideline steering committee, because the new guidelines are directed at a wide range of health care workers.

要旨
 日本癌治療学会のG-CSF適正使用ガイドラインが12年ぶりに改訂された。G-CSF適正使用ガイドライン(2013年版)と前版との相違点はclinical question形式を採用し,エビデンスレベルの分類,その推奨度はMindsの診療ガイドライン作成の手引き(2007年版)に沿っている。欧米のガイドラインを二次資料としているが,ある種の抗がん薬には発熱性好中球減少症(febrile neutropenia: FN)発症の頻度に人種差が推定され,可能な限りわが国で実施された臨床試験が調査されている。バイオシミラー,ペグフィルグラスチム(国内未発売),投与量・投与方法(保険診療)についても記載し,G-CSF一次予防的投与を判断するためのわが国におけるレジメン特異的なFNの頻度,造血器悪性腫瘍におけるG-CSF使用に関する項目が大幅に強化されたことなどである。また,作成委員として医師のみならず看護師,薬剤師が参加し,幅広い医療従事者を対象としている。

目次

癌と化学療法 TOPへ
癌と化学療法 41巻6号 2014年6月号トップへ

【特集】G-CSFの適正使用について(G-CSF適正使用ガイドライン・2013年版)

▶G-CSF適正使用ガイドライン(2013年版)の概要…木浦 勝行

このページの先頭へ