現在のカゴの中

商品合計数量:0

商品合計金額:0円

クーポン値引:0円

カゴの中を見る

検索条件

商品カテゴリから探す
出版社から探す
キーワードから探す

電子書籍閲覧リーダーソフトは下記のアイコンをクリックすることによりインストーラをダウンロードすることができます。また、詳しいの電子書籍閲覧方法については「ヘルプページ」をご確認下さい。


シスプラチン+イリノテカン併用療法が奏効した胆嚢原発神経内分泌癌の1例

電子書籍販売価格(税込):
1,100

商品コード:
11154_13
著者:
井上 大、尾阪 将人、村松 雄輔、山田 育弘、松山 眞人、神田 浩明、石井 浩
出版社:
癌と化学療法社 出版社HP
発行:
2014年
ページ数:
3ペ-ジ
ファイル容量:
1.15MB


閲覧対応端末:
電子書籍閲覧対応端末


閲覧可能台数:
3台(購入日より1年間ダウンロードが可能)


※電子書籍閲覧方法についての 詳細はこちら

内容紹介

Neuroendocrine Gallbladder Cancer Treated with Cisplatin plus Irinotecan―A Case Report

Summary
 A 52-year-old woman was referred to our hospital because of upper abdominal pain. A computed tomography(CT)scan revealed bulky gallbladder and liver tumors. We reached a tentative diagnosis of invasive adenocarcinoma of the gallbladder and performed needle biopsy of the tumor. Biopsied specimens showed the proliferation of small round to oval cells with scanty cytoplasm and high rates of mitosis. Immunohistochemical examination showed that many tumor cells were positive for chromogranin A, synaptophysin, and CD56. Our final diagnosis was neuroendocrine carcinoma of the gallbladder with multiple liver metastases. The patient received cisplatin plus irinotecan chemotherapy. Remarkable shrinkage was observed after 3 cycles of chemotherapy, and a good response continued for more than 6 months. Gallbladder cancer patients generally have a poor response to chemotherapy, so we should be aware of the histopathological diagnosis of the cancer before starting treatment.

要旨
 臨床的に通常型の胆嚢癌,肝転移が疑われた52歳,女性患者に対して肝生検を施行。胆嚢原発の神経内分泌癌,肝転移と最終診断した。全身化学療法としてイリノテカン+シスプラチン併用療法にて治療を開始。3か月後のCTでは腫瘍の著明な縮小がみられ,現在まで良好な抗腫瘍効果が持続している。肝の半分以上を占拠する多発塊状の肝転移を有し,胆嚢原発の腺癌であれば極めて予後不良が想像される状況であったことから,治療前の病理組織確認の重要性を強く認識した。

目次

癌と化学療法 TOPへ
癌と化学療法 41巻6号 2014年6月号トップへ

【症例】

▶シスプラチン+イリノテカン併用療法が奏効した胆嚢原発神経内分泌癌の1例…井 上  大ほか

このページの先頭へ