現在のカゴの中

商品合計数量:0

商品合計金額:0円

クーポン値引:0円

カゴの中を見る

検索条件

商品カテゴリから探す
出版社から探す
キーワードから探す

電子書籍閲覧リーダーソフトは下記のアイコンをクリックすることによりインストーラをダウンロードすることができます。また、詳しいの電子書籍閲覧方法については「ヘルプページ」をご確認下さい。


化学療法後に細菌性髄膜炎を発症した進行乳癌の1例

電子書籍販売価格(税込):
1,100

商品コード:
11155_13
著者:
柴田 健一、鈴木 明彦、鈴木 武文、佐藤多未笑、山岸 岳人、木村 青史、木村 理
出版社:
癌と化学療法社 出版社HP
発行:
2014年
ページ数:
3ペ-ジ
ファイル容量:
1.02MB


閲覧対応端末:
電子書籍閲覧対応端末


閲覧可能台数:
3台(購入日より1年間ダウンロードが可能)


※電子書籍閲覧方法についての 詳細はこちら

内容紹介

A Patient with Advanced Breast Cancer Who Developed Bacterial Meningitis after Chemotherapy

Summary
 A 76-year-old woman was admitted to our hospital because of a right breast tumor and a skin ulcer. The patient was diagnosed as having advanced breast cancer T4bN2M1(lung), Stage Ⅳ. A regimen of 5-fluorouracil(500 mg/m2)with epirubicin(100 mg/m2)and cyclophosphamide(500 mg/m2)(FEC100)was administered. However, the patient was hospitalized 12 days later because of febrile neutropenia. The patient experienced a stiff neck the next day, and bacterial meningitis was diagnosed on the basis of cerebrospinal fluid examination. Antibacterial agents were administered according to the clinical practice guidelines of bacterial meningitis. The patient recovered and was discharged from our hospital 24 days after admission. Bacterial meningitis after chemotherapy is rare, but this could be progress to a serious condition. Early diagnosis and treatment are paramount in such cases.

要旨
 症例は76歳,女性。右乳房腫瘤と皮膚潰瘍を自覚し,当院を受診した。進行乳癌T4bN2M1(lung),Stage Ⅳと診断され,化学療法FEC100を施行したところ,12日後に発熱性好中球減少症の診断で当科に入院となった。翌日に項部硬直が出現し,髄液検査で細菌性髄膜炎と診断された。細菌性髄膜炎診療ガイドラインに沿って,抗菌薬投与を行い軽快し,24日後に退院した。化学療法に伴う細菌性髄膜炎はまれではあるが,重篤な経過をたどることもあるため,本疾患も念頭に置き早期に発見して治療を開始することが重要と考えられた。

目次

癌と化学療法 TOPへ
癌と化学療法 41巻6号 2014年6月号トップへ

【症例】

▶化学療法後に細菌性髄膜炎を発症した進行乳癌の1例…柴田 健一ほか

このページの先頭へ