現在のカゴの中

商品合計数量:0

商品合計金額:0円

クーポン値引:0円

カゴの中を見る

検索条件

商品カテゴリから探す
出版社から探す
キーワードから探す

電子書籍閲覧リーダーソフトは下記のアイコンをクリックすることによりインストーラをダウンロードすることができます。また、詳しいの電子書籍閲覧方法については「ヘルプページ」をご確認下さい。


S-1が著効し10年以上無再燃生存中の胃癌腹膜播種症例

電子書籍販売価格(税込):
1,100

商品コード:
11156_13
著者:
山村 明寛、小野 文徳、平賀 雅樹、大村 範幸、高野 成尚、佐藤 英昭、遠山 慎吾、小野地章一
出版社:
癌と化学療法社 出版社HP
発行:
2014年
ページ数:
3ペ-ジ
ファイル容量:
2.18MB


閲覧対応端末:
電子書籍閲覧対応端末


閲覧可能台数:
3台(購入日より1年間ダウンロードが可能)


※電子書籍閲覧方法についての 詳細はこちら

内容紹介

A Case of a Patient with Gastric Cancer and Peritoneal Dissemination Who Survived for More than 10 Years after Successful Treatment with S-1

Summary
 A 50-year-old female patient underwent distal gastrectomy and intraperitoneal CDDP administration for advanced gastric cancer accompanied by severe peritoneal dissemination. She valued her quality of life and chose an oral anticancer drug, S-1, as a postoperative chemotherapy agent. S-1 was administered at a dose of 100 mg/body/day for 4 weeks, followed by a 2-week rest. There were no adverse events due to S-1 and no exacerbation of peritoneal dissemination in the 5 years following surgery. The S-1 administration schedule was then changed to alternate-day administration. Eight years after the surgery, the patient discontinued S-1 treatment and has since survived for 11 years with no obvious cancer recurrence.

要旨
 症例は50歳,女性。胃癌の診断にて手術を施行し,広範囲に多数の腹膜播種を認めたため,減量手術とcisplatin(CDDP)の腹腔内投与を行った。術後化学療法を施行するに当たり,患者はQOLを重視したため,術後第13病日からS-1の単独投与(4週連日投与,2週休薬)を開始した。その後,外来にて経過をみていたが再燃徴候は認められず,5年後にS-1隔日投与に変更した。術後8年目の精査でも再発所見なく,以後はS-1内服を終了し,11年経過した現在も無再発生存中である。

目次

癌と化学療法 TOPへ
癌と化学療法 41巻6号 2014年6月号トップへ

【症例】

▶S-1が著効し10年以上無再燃生存中の胃癌腹膜播種症例…山村 明寛ほか

このページの先頭へ