現在のカゴの中

商品合計数量:0

商品合計金額:0円

クーポン値引:0円

カゴの中を見る

検索条件

商品カテゴリから探す
出版社から探す
キーワードから探す

電子書籍閲覧リーダーソフトは下記のアイコンをクリックすることによりインストーラをダウンロードすることができます。また、詳しいの電子書籍閲覧方法については「ヘルプページ」をご確認下さい。


幽門輪温存膵頭十二指腸切除術後の挙上空腸に発生した原発性小腸癌の1例

電子書籍販売価格(税込):
1,100

商品コード:
11159_13
著者:
村林亮、伊藤英人、髙橋昂大、橋本昌俊、永易希一、三田一仁、淺川英輝、小泉和也、林剛、藤野啓一、岡本茂
出版社:
癌と化学療法社 出版社HP
発行:
2014年
ページ数:
3ペ-ジ
ファイル容量:
1.16MB


閲覧対応端末:
電子書籍閲覧対応端末


閲覧可能台数:
3台(購入日より1年間ダウンロードが可能)


※電子書籍閲覧方法についての 詳細はこちら

内容紹介

A Case of Small Intestinal Cancer in the Upper Intestine after Pylorus-Preserving Pancreaticoduodenectomy

Summary
 We report a case of small intestinal cancer that arose in the upper intestine 16 years after pylorus-preserving pancreaticoduodenectomy(PPPD). An 84-year-old man, who had undergone PPPD for benign biliary tract disease 16 years previously, was found to have a primary small intestinal tumor in the upper intestine by upper gastrointestinal endoscopy, and primary intestinal cancer in the upper intestine was finally diagnosed. We performed partial resection of the upper small intestine and stomach and partial colectomy of the transverse colon to account for direct invasion. Histopathologically, the primary lesion was diagnosed as a moderately to poorly differentiated adenocarcinoma. Small intestinal cancer in the upper intestine after PPPD is extremely rare.

要旨
 幽門輪温存膵頭十二指腸切除(以下,PPPD)術後の挙上空腸に発生した原発性小腸癌の1手術例を経験したので報告する。症例は84歳,男性。1996年に胆管癌の疑いにてPPPD施行。病理結果は悪性所見なしであった。胃腺腫のfollow up目的の上部消化管内視鏡検査で,挙上空腸に全周性の腫瘍性病変が認められた。生検ではGroup Ⅴであった。挙上空腸に発生した原発性小腸癌と診断し,挙上空腸部分切除,胃部分切除,横行結腸部分切除を施行し,胃空腸吻合にて再建した。病理組織診断ではpor2>tub2,mucの空腸癌であった。PPPD術後16年目の挙上空腸に発生した原発性小腸癌は極めてまれであり,若干の文献的考察を加えて報告する。

目次

癌と化学療法 TOPへ
癌と化学療法 41巻6号 2014年6月号トップへ

【症例】

▶幽門輪温存膵頭十二指腸切除術後の挙上空腸に発生した原発性小腸癌の1例…村 林  亮ほか

このページの先頭へ