現在のカゴの中

商品合計数量:0

商品合計金額:0円

クーポン値引:0円

カゴの中を見る

検索条件

商品カテゴリから探す
出版社から探す
キーワードから探す

電子書籍閲覧リーダーソフトは下記のアイコンをクリックすることによりインストーラをダウンロードすることができます。また、詳しいの電子書籍閲覧方法については「ヘルプページ」をご確認下さい。


集学的治療を行った腹膜播種を伴う原発性小腸癌の1例

電子書籍販売価格(税込):
1,100

商品コード:
11160_13
著者:
赤星 慎一、清住 雄希、清田 礼孝、飯坂 正義、堀野 敬
出版社:
癌と化学療法社 出版社HP
発行:
2014年
ページ数:
3ペ-ジ
ファイル容量:
1.09MB


閲覧対応端末:
電子書籍閲覧対応端末


閲覧可能台数:
3台(購入日より1年間ダウンロードが可能)


※電子書籍閲覧方法についての 詳細はこちら

内容紹介

A Case Report of Primary Adenocarcinoma of the Small Intestine with Peritoneal Dissemination Treated with Multidisciplinary Therapy

Summary
 A 55-year-old woman consulted our hospital complaining of abdominal distention and vomiting. She was diagnosed with a malignant tumor in the small intestine and an ovarian tumor with an upper gastro-intestinal series based on a computerized tomography(CT)examination. Intra-operative findings showed that the primary tumor was located in the proximal jejunum, 10 cm on the anal side from Treitz's ligament. There were no liver metastases, but the tumor had spread into the peritoneal cavity(light ovary). The jejunum and light ovary were therefore resected. Pathological diagnosis of the resected specimen revealed adenocarcinoma with lymph node metastases(T4N1M1, UICC StageⅣ). The patient received systemic chemotherapy with oral S-1. A recurrent lesion on the right ovary was detected 6 months after surgery. The patient subsequently underwent resection of the right ovary. For lung metastases and recurrent peritoneal dissemination, combination chemotherapy with XELOX or FOLFIRI, along with capecitabine plus bevacizumab, and cetuximab, was administered. The patient died 33 months after the first surgery. Primary small intestinal adenocarcinoma is a rare disease, and it is often diagnosed at an advanced stage because there are very few characteristic symptoms. This case may be an important case for the development of a standard chemotherapy regimen for advanced and recurrent adenocarcinoma of the small intestine.

要旨
 症例は55歳,女性。腹部膨満感,嘔吐で近医を受診し,精査加療目的で当科紹介となった。精査にて空腸癌,左卵巣腫瘍の診断で手術を行った。卵巣は転移が疑われたが他に播種巣を認めなかったため,空腸部分切除および左卵巣摘出術を施行した。術後S-1による化学療法を継続したが,術後6か月目に右卵巣転移を認めたため右卵巣摘出術を施行した。その術後2か月目に肺転移,腹膜播種再発を認めたためXELOX,FOLFIRIによる化学療法を行ったが,各々アレルギー反応および間質性肺炎を来したため中止した。その後はcetuximabを単独で投与し病勢コントロールがついたが,初回術後33か月目に死亡した。原発性小腸癌はまれな疾患で,本例のように進行した状態で発見されることが多く予後不良とされている。今回,腹膜播種を伴って発見され集学的治療で良好なQOLを得た小腸癌の1例を経験したので,文献的考察を加え報告する。

目次

癌と化学療法 TOPへ
癌と化学療法 41巻6号 2014年6月号トップへ

【症例】

▶集学的治療を行った腹膜播種を伴う原発性小腸癌の1例…赤星 慎一ほか

このページの先頭へ