現在のカゴの中

商品合計数量:0

商品合計金額:0円

クーポン値引:0円

カゴの中を見る

検索条件

商品カテゴリから探す
出版社から探す
キーワードから探す

電子書籍閲覧リーダーソフトは下記のアイコンをクリックすることによりインストーラをダウンロードすることができます。また、詳しいの電子書籍閲覧方法については「ヘルプページ」をご確認下さい。


Cabazitaxel―転移性去勢抵抗性前立腺癌患者の治療における新規タキサン系薬剤―

電子書籍販売価格(税込):
1,100

商品コード:
11170_13
著者:
Evelyne Ecstein-Fraisse、Zhen Su
出版社:
癌と化学療法社 出版社HP
発行:
2014年
ページ数:
6ペ-ジ
ファイル容量:
1.23MB


閲覧対応端末:
電子書籍閲覧対応端末


閲覧可能台数:
3台(購入日より1年間ダウンロードが可能)


※電子書籍閲覧方法についての 詳細はこちら

内容紹介

Cabazitaxel―A Next-Generation Taxane for the Treatment of Patients with Metastatic Castration-Resistant Prostate Cancer

Summary
 Prostate cancer is a heterogeneous disease that responds variably to available agents, particularly androgen receptor(AR)-targeting agents. In preclinical models, cabazitaxel, a second-generation taxane, demonstrated enhanced antitumor activity when compared with docetaxel. In subsequent clinical trials, cabazitaxel was associated with pharmacokinetic, safety, and tolerability profiles consistent with those of previous taxanes. In the pivotal phaseⅢ study(TROPIC; NCT00417079), cabazitaxel led to significantly improved overall survival in patients with metastatic castration-resistant prostate cancer(mCRPC), compared with mitoxantrone, when both were administered in combination with prednisone/prednisolone(median survival: 15.1 months[95% confidence interval(CI): 14.1-16.3]vs 12.7 months[95% CI: 11.6-13.7], hazard ratio(HR): 0.70[95% CI: 0.59-0.83], p<0.0001), and it also extended progression-free survival. Furthermore, a long-term analysis of the TROPIC trial revealed that the survival benefit with cabazitaxel was maintained at 2 years, with 60(15.9%)patients in the cabazitaxel group and 31(8.2%)patients in the mitoxantrone group surviving for ≥2 years(odds ratio: 2.11, 95% CI: 1.33-3.33). Cabazitaxel also provides pain palliation similar to that provided by using mitoxantrone. The safety profile of cabazitaxel is consistent with that of first-generation taxanes, and gastrointestinal(predominantly diarrhea)and hematologic(mainly neutropenia)adverse events are the most frequently reported. Clinical trial data suggest that these events can be managed with careful monitoring and dose reduction where necessary. In addition, treatment with granulocyte colony-stimulating factor(G-CSF)can mitigate hematologic adverse events, whereas supportive treatment with antiemetic and antidiarrheal agents may ameliorate gastrointestinal symptoms. The treatment paradigm for mCRPC is evolving rapidly with the emergence of data for new agents, leading to maximization of patient benefits. The proven efficacy and tolerability profiles of cabazitaxel suggest the promising role of this agent within this paradigm.

要旨
 転移性去勢抵抗性前立腺癌(metastatic castration-resistant prostate cancer: mCRPC)は不均一性がみられる疾患であり,治療に用いる薬剤,特にアンドロゲン受容体(AR)による増殖刺激経路を標的とする薬剤(以下,AR標的薬)に対して多様な反応性を示す。新規タキサン系薬剤のcabazitaxelは,ドセタキセルと同様に前臨床モデルで強い抗腫瘍活性がみられた。 臨床開発において,cabazitaxelの薬物動態,安全性および忍容性プロファイルはドセタキセルと同様の成績であった。mCRPC患者を対象とした第Ⅲ相臨床試験(TROPIC試験)において,cabazitaxel群はミトキサントロン群と比較して,いずれもプレドニゾンまたはプレドニゾロンとの併用下で,無増悪生存期間および全生存期間の有意な延長が認められた〔cabazitaxel群の生存期間の中央値15.1か月[95%信頼区間(CI): 14.1-16.3],ミトキサントロン群の生存期間の中央値12.7か月(95% CI: 11.6-13.7),ハザード比(HR): 0.70(95% CI: 0.59-0.83),p<0.0001〕。さらに,TROPIC試験の長期追跡調査において,2年以上の生存患者数はcabazitaxel群で60例(15.9%),ミトキサントロン群で31例(8.2%)であった(オッズ比: 2.11,95% CI: 1.33-3.33)。また,ミトキサントロンと同程度の疼痛緩和作用がcabazitaxelでみられた。Cabazitaxelの安全性プロファイルはドセタキセルの成績と同様であり,頻度が高いと報告された有害事象は血液およびリンパ系障害(主として好中球減少症)および胃腸障害(主として下痢)であった。臨床試験の結果から,これらの有害事象は慎重なモニタリングおよび必要に応じて用量を減量することが重要であると示唆された。さらに,血液毒性の発現を低下させるために用いるG-CSF製剤の投与および胃腸障害を軽減させるための制吐剤,および止瀉薬による支持療法の適切な実施が重要であることが示唆された。mCRPCの治療パラダイムは,新たな薬剤などの出現により急速に発展している。Cabazitaxelの有効性および忍容性プロファイルから,本剤がこの治療パラダイムにおいて今後重要な役割を担ってくるものと考えられる。

目次

癌と化学療法 TOPへ
癌と化学療法 41巻7号 2014年7月号トップへ

【特集】日本の去勢抵抗性前立腺がん(CRPC)治療の新時代

▶Cabazitaxel―転移性去勢抵抗性前立腺癌患者の治療における新規タキサン系薬剤―…Evelyne Ecstein-Fraisseほか

このページの先頭へ