現在のカゴの中

商品合計数量:0

商品合計金額:0円

クーポン値引:0円

カゴの中を見る

検索条件

商品カテゴリから探す
出版社から探す
キーワードから探す

電子書籍閲覧リーダーソフトは下記のアイコンをクリックすることによりインストーラをダウンロードすることができます。また、詳しいの電子書籍閲覧方法については「ヘルプページ」をご確認下さい。


日本におけるCRPC治療新時代における泌尿器科医の役割

電子書籍販売価格(税込):
1,100

商品コード:
11171_13
著者:
大園誠一郎
出版社:
癌と化学療法社 出版社HP
発行:
2014年
ページ数:
4ペ-ジ
ファイル容量:
1.10MB


閲覧対応端末:
電子書籍閲覧対応端末


閲覧可能台数:
3台(購入日より1年間ダウンロードが可能)


※電子書籍閲覧方法についての 詳細はこちら

内容紹介

Role of Urologists in the Era of New Treatment Modalities for CRPC in Japan

Summary
 New medical treatment modalities for castration resistant prostate cancer(CRPC), including hormonal therapy and chemotherapy, will be approved in Japan. Here, we discuss the management of these new treatment strategies by urologists.

要旨
 最近,日本で去勢抵抗性前立腺がん(castration resistant prostate cancer: CRPC)を対象にした新たなホルモン療法,あるいは化学療法などの薬物療法が相次いで承認されようとしている。この新たな治療戦略の今後の取り組みに関して,泌尿器科医の立場から考察した。

目次

癌と化学療法 TOPへ
癌と化学療法 41巻7号 2014年7月号トップへ

【特集】日本の去勢抵抗性前立腺がん(CRPC)治療の新時代

▶日本におけるCRPC治療新時代における泌尿器科医の役割…大園誠一郎

このページの先頭へ