現在のカゴの中

商品合計数量:0

商品合計金額:0円

クーポン値引:0円

カゴの中を見る

検索条件

商品カテゴリから探す
出版社から探す
キーワードから探す

電子書籍閲覧リーダーソフトは下記のアイコンをクリックすることによりインストーラをダウンロードすることができます。また、詳しいの電子書籍閲覧方法については「ヘルプページ」をご確認下さい。


日本におけるCRPC治療新時代における腫瘍内科医の役割

電子書籍販売価格(税込):
1,100

商品コード:
11172_13
著者:
高橋 俊二
出版社:
癌と化学療法社 出版社HP
発行:
2014年
ページ数:
5ペ-ジ
ファイル容量:
1.23MB


閲覧対応端末:
電子書籍閲覧対応端末


閲覧可能台数:
3台(購入日より1年間ダウンロードが可能)


※電子書籍閲覧方法についての 詳細はこちら

内容紹介

Roles of Medical Oncologists in the New Era of CRPC Therapy in Japan

Summary
 Currently, the standard therapy for advanced prostate cancer is endocrine therapy(luteinizing hormone-releasing hormone[LH-RH]agonists alone or LH-RH agonists plus antiandrogens). However, most patients eventually become resistant to these therapies as well as castration therapy.
 New endocrine therapies for castration-resistant prostate cancer(CRPC)have been developed. Abiraterone, a CYP17 inhibitor, and enzalutamide, a novel androgen receptor antagonist, have been shown to improve the overall survival, and they are set to be approved in Japan soon. Moreover, docetaxel and cabazitaxel have been established as first- and second-line chemotherapeutic drugs, respectively.
 Although there is currently no established molecular target drug for CRPC, some drugs such as cabozantinib seem to be effective, and they may be used in the future.
 In these situations of new drug development, the contribution of medical oncologists is predictable. While medical oncologists cannot play central roles in all aspects of drug therapy for urological malignancies in Japan, they must play roles in certain aspects such as new drug development starting from phaseⅠ trials, improving multidisciplinary care for adverse events, and promoting translational research.

要旨
 進行前立腺癌の標準治療は内分泌療法(LH-RH agonistまたはLH-RH agonist+抗アンドロゲン剤)であるが,ほとんどの患者でいつかは抵抗性になる。去勢抵抗性前立腺癌(CRPC)に対する内分泌療法として,CYP17阻害剤であるabiraterone,新規ARであるantagonist enzalutamideの生存期間延長のエビデンスが確立し,承認予定である。また,CRPCに対する化学療法では,docetaxelは一次治療として,cabazitaxelはdocetaxel後の二次治療として生存期間を延長するエビデンスが確立している。分子標的治療としてエビデンスが確立した薬剤はないが,cabozantinibなどが期待されている。このような新薬開発の進行状況において,腫瘍内科医の貢献が期待される。現状では泌尿器薬物療法すべてを担うことは不可能であるが,新薬の開発に第Ⅰ相試験から積極的にかかわる,薬物治療に伴う合併症のケアとチーム医療の整備を進める,translational researchを進めるなどの役割が特に期待される。

目次

癌と化学療法 TOPへ
癌と化学療法 41巻7号 2014年7月号トップへ

【特集】日本の去勢抵抗性前立腺がん(CRPC)治療の新時代

▶日本におけるCRPC治療新時代における腫瘍内科医の役割…高橋 俊二

このページの先頭へ